目立たない矯正のイメージ画像目立たない矯正のイメージ画像
         

目立たない・見えない矯正で
美しい歯並びを手に入れる

矯正装置を付けていることを他人に気づかれたくないという理由から、透明なマウスピースや歯の裏側につける装置を使った、いわゆる「目立たない矯正」が人気となっています。このサイトでは、これから大人の矯正(成人矯正)を検討している方のために、治療の内容や期間・費用、症例実績などについて、矯正医がわかりやすく解説します。

目立たない
マウスピース矯正
インビザラインを
もっと身近に

精密審美会のサイトキャプチャ画像

コンピュータシステムを用いて行うデジタル矯正により、ここ数年で非常に進歩しているのが、透明のマウスピースを使った「目立たない矯正」です。特に、このデジタル技術に特化したシステムが「インビザライン」であり、従来の矯正治療と比べて、非常に患者様にメリットがあるものとなっています。

本サイトでは、このインビザラインによるマウスピース矯正をもっと身近なものとして知って頂くために、治療内容やメリット・デメリットのほか、グループ全体で年間500ケース以上を誇る症例の一部を公開しております。大人の矯正(成人矯正)を検討されている、患者様の悩みや不安を解消する一助となれば幸いです。

矯正歯科の治療例
(280件以上)を見る

監修矯正医・伊藤啓介の紹介

監修矯正医・伊藤啓介のプロフィール画像

(医)精密審美会 理事 主任矯正医。2017年に開院したインビザライン専門院「銀座しらゆり矯正歯科」総責任者を務める。年間のインビザライン症例数401以上の歯科医師に与えられる「invisalign BLACK DIAMOND PROVIDER」認定。

  • 平成06年03月 九州大学歯学部卒業
  • 平成06年03月 九州大学歯学部矯正学講座にて矯正を専攻
  • 平成12年04月 福岡の開業医、総合医院の口腔外科にて勤務
  • 平成16年10月 銀座しらゆり歯科 主任矯正医就任
  • 平成20年02月 医療法人社団精密審美会 主任矯正医就任
  • 平成30年06月 銀座しらゆり矯正歯科 総責任者就任

目立たない矯正とは?

矯正で気になるのは、矯正装置が目立ってしまうという点。目立たない矯正とは、従来の表側矯正と比べて、見た目のデメリットを感じることなく、歯並びを改善させることができる矯正のことです。

医療法人社団 精密審美会の歯科医院では、目立たない矯正として、インビザラインによる矯正をはじめとした「マウスピース矯正」ほか、「裏側矯正」や、透明や白色のブラケットやワイヤーを使った「審美装置による矯正」など、患者様一人ひとりのニーズにあった矯正治療を提供しています。

目立たない矯正の種類
マウスピース矯正

透明なマウスピース型矯正装置(アライナー)を歯に装着する歯列矯正法。世界で最も普及しているインビザラインをはじめ、成人矯正で人気の高い治療法のひとつです。取り外しできメンテナンスしやすい一方で、毎日一定の装着時間が必要となります。

メリット

  • 装置を取り外せるので虫歯や歯周病になりにくい
  • 口内に装置があたる痛みがない
  • 通院回数が比較的少ない
  • 金属アレルギーの心配がない

デメリット

  • 毎日長時間の装着が必要
  • 装着時間によって治療期間や経過に影響する
  • 症状によっては治療できない場合がある

インビザラインとは?

米国アライン・テクノロジー社が開発した、マウスピース型の矯正治療システムです。高度な3Dコンピュータシミュレーションによる「クリンチェック」と呼ばれる治療計画を通して、患者様一人ひとりにあったマウスピース矯正治療を提供することが可能です。

裏側矯正

矯正装置を歯の裏側に取り付ける歯列矯正法。「舌側矯正」「リンガル矯正」とも呼ばれます。表側矯正に比べて、虫歯など治療中のリスクが比較的少ない点などがメリット。一方で、マウスピース矯正に比べて治療費が高いことや、装着感があって慣れるまで時間を要する点などのデメリットもあります。

メリット

  • 症状によっては表側の装置より治療効果がある
  • 従来の表側矯正に比べて、虫歯になるリスクが低い

デメリット

  • 舌が装置にあたる
  • 慣れるまで話しづらいこともある
審美装置による矯正

歯の表側に矯正装置を付けて治療しますが、周りの人に気づかれにくいような、透明のブラケットや歯の色に近いホワイトワイヤーを使用します。多くの症例に対応しており、裏側矯正と比べて治療費が安い一方で、慣れるまで歯磨きや食事がしづらい可能性があります。

メリット

  • 多くの症例で治療が可能
  • マウスピース矯正や裏側矯正と比べて治療費が安い

デメリット

  • 慣れるまで歯磨きや食事がしづらい

目立たない矯正って
どうなの?ホンネ座談会

治療を始めるきっかけや治療中のこと、気になる費用や痛みについてなど、実際に「目立たない矯正」を受けた方の座談会トークを掲載しています。精密審美会の矯正医によるコメントもありますので、これから矯正治療を始めようと検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

矯正治療をすることで、口元の見た目がキレイになること以外にも、虫歯や歯周病の予防がしやすくなるなど、様々なメリットがあります。ただし、例えばマウスピースを装着しなかったり、通院して調整しなかったりすると、当初の計画通りに治療が進まない可能性も。数年にわたることもある矯正治療には、患者様の協力も不可欠です。より早く理想の歯並びを実現するために、座談会での体験談や矯正医のアドバイスをお役立てください。

矯正したことで、歯をみせて
笑えるようになりました

効果についての座談会イメージ画像思い切って矯正をしたことによる効果は、個人によって様々です。「目立たない矯正」をはじめたきっかけから、期待したことや、実際目立たなかったのか、感じた効果などを治療経験者に語って頂きました。

計画より治療が長引いてしまい
想定外の費用が...(涙)

費用についての座談会イメージ画像「治療費用は高かった?」「どうやって費用を捻出したの?」「想定外の出費は?」など、気になるテーマについてのトークです。矯正医による、費用に関するよくある質問についての解説付きです。

就職で上京するまでには
終わらせたいと思ってました

治療期間についての座談会イメージ画像矯正を検討している方が、最も気になることのひとつが「治療期間」ではないでしょうか。 実際にどのくらいかかったのか、想定以上に治療期間が長くなってしまうケースやその理由などを語って頂きました。

痛かったら、早く寝るのが
よいと思います(笑)

痛みについての座談会イメージ画像矯正治療中に感じる痛みは個人差があります。実際に、痛みが不安な方は、矯正を始めてからどんな痛みがあったか、をテーマに繰り広げられた座談会トークを、ぜひ参考にしてください。矯正医による解説も掲載しています。

マウスピース矯正は
外せるので歯磨きが楽でした^^

メンテナンスについての座談会イメージ画像矯正は、一般的に数年単位の治療となるので、その間のメンテナンスが重要なポイント。座談会では、実際にどんなメンテナンスが必要になるのか、矯正治療を進めるために気を付ける点などが分かる内容になっています。

終わるまでは長いけど
効果は一生モノ!

メリット・デメリットについての座談会イメージ画像矯正した結果、感じたメリットやデメリットは?座談会で語って頂きました。矯正中に苦労したエピソード、治療が終わった感想なども含めて掲載しています。矯正医が考えるメリット・デメリットについても解説。

目立たない
マウスピース矯正とは?

目立たないマウスピース矯正のイメージ画像

マウスピース矯正は、患者様一人ひとりの歯型に合わせたマウスピースを使用して、歯並びを改善していく治療法です。マウスピースには透明な素材を使用しているので、装着時でも「目立たない」ほか、簡単に取り外すことができるので、比較的ストレス(痛みや不快感)が少ないのが特徴です。

一方で、取り外しが自由にできることから、使わなければ治療が計画的に進行せず、治療期間がのびてしまうケースもあります。ここではマウスピース矯正とワイヤー矯正との違いや、精密審美会での治療特徴、費用などについて解説します。

マウスピース矯正を
詳しく見る

マウスピース矯正の
症例実績

精密審美会の歯科医院によるインビザラインの症例・治療例をまとめました。症状ごとに、「治療開始前」「治療途中」「終了時」にわたる画像付きで、患者様の「年齢・性別」をはじめ、「治療計画」「治療期間」「費用」などを解説しています。

矯正においては、一時的な美しさを追求する治療ではなく、日々患者様の歯を長持ちさせるための治療が重要だと考えており、当法人歯科医では、そのための精密な症例分析や治療計画を日々行っています。掲載している症例(治療前後)写真は、画像のトリミング(写真の一部だけを切り出す加工)以外の加工を行っておりません。ぜひ参考にされてください。

マウスピース矯正の治療例を
詳しく見る

お悩み別・マウスピース
矯正のポイント

矯正治療では、口元の美しさを手に入れられるだけではなく、歯並びが原因による虫歯、歯周病などの改善が期待できます。「目立たない矯正」で対応できる症例は、「八重歯」「出っ歯」「受け口」などがあります。それぞれの症例の種類について、詳しく解説します。

マウスピース矯正の対応症例
を詳しく見る

八重歯の主な原因は、歯の収まるスペースが無いこと。歯に一定の力を加えて歯列を広げる「マウスピース矯正」なら、目立たない上に、抜歯せず矯正できる可能性があります。画像付きで症例も紹介していますのでご参考ください。

詳しく見る

同じ出っ歯でも、骨格によるもの、歯性によるもので症状が異なります。出っ歯が小さければ、マウスピース矯正(インビザライン)で抜歯せずに矯正することも可能です。治療例も掲載していますので、ぜひご確認ください。

詳しく見る

当法人歯科医院では、マウスピース矯正により受け口を改善したケースもございます。受け口の矯正を考えている方は、症状の程度と合わせて、原因を正しく知ることが大切です。治療例と合わせて、症状特徴や原因も解説しています。

詳しく見る

見た目上、気にされる方が多いすきっ歯。症状が軽ければ、マウスピース矯正を適用できます。治療例では、マウスピース矯正中にホワイトニングも行ったケースや、噛み合わせも改善したケースなどを紹介。症例の解説と合わせてご参考ください。

詳しく見る

乱杭歯の治療は、症例によっては抜歯せずに、マウスピース矯正(インビザライン)などで治療することが可能です。原因を詳しく解説しているほか、当歯科法人における実際の治療例も紹介していますので参考にしてください。

詳しく見る

遺伝的要素が強く働くガミースマイルですが、マウスピース矯正装置を使った目立たない矯正治療で改善できるケースもあります。ここでは、ガミースマイルの特長、原因の詳しい解説をはじめ、治療例も紹介しています。

詳しく見る

悪い噛み合わせを治療する場合、症例によっては抜歯やインプラントが必要になりますが、マウスピース矯正(インビザライン)など、抜歯せず目立たない矯正治療ですむ症例もあります。症状の原因ほか、治療例を画像付きで解説します。

詳しく見る

注目のインビザライン特集

世界80カ国以上で提供され、500万人以上の治療実績を持つ「インビザライン」は、最も信頼性の高いマウスピース矯正システムのひとつ。透明素材なので目立たず、従来のブラケットによる矯正治療に比べて、比較的痛みも少ないのでおすすめです。

当法人歯科医院では、患者様のニーズの高まりを受けて、2017年に「インビザライン専門医院」の銀座しらゆり矯正歯科を開院。今ではグループ全体で年間症例500ケース以上となっています。この経験から、インビザライン治療を検討する際に参考になるメリット・デメリットや治療の流れなど、特徴を分かりやすく解説します。

精密審美会では、インビザラインだけではなく、他のマウスピース矯正法をはじめ、裏側矯正など「目立たない矯正」治療を行っています。そのため、インビザラインのメリットはもちろん、デメリットについても熟知しています。

詳しく見る

インビザライン矯正システムは常に進化向上しており、小児矯正治療の精度も高まっています。永久歯が全て生えそろっていない10代のお子様にとってのインビザライン治療について、分かりやすく解説します。

詳しく見る

インビザラインの治療期間は、歯を移動させる量が少ない場合は数か月、一般的には1~3年くらいになります。ここでは精密審美会におけるインビザライン治療の流れや、治療中の注意事項などを掲載しています。

詳しく見る

インビザラインの費用をはじめ、治療期間、メンテナンスについてなど、治療前後や治療中のよくある質問をまとめて、お応えしています。こちらに載っていないご質問や悩みがありましたら、気軽にご相談ください。

詳しく見る

目立たない
ワイヤー矯正とは?

目立たないワイヤー矯正のイメージ画像

マウスピース矯正以外の目立たない矯正方法としては、矯正装置を歯の裏側に取り付ける歯列矯正法である「裏側矯正」や、歯の表側に矯正装置として目立たない色のワイヤーとブラケット(審美装置)を取り付ける治療があります。審美装置を使った矯正は、「マウスピース矯正」「裏側矯正」に比べると治療費用を抑えられる可能性があります。ここでは精密審美会の各治療特徴や費用などについて解説していますので、ご参考ください。

目立たないワイヤー矯正を
詳しく見る

(医)精密審美会について

精密な総合歯科治療のイメージ画像

「総合歯科治療」「精密歯科治療」をコンセプトとして掲げ、患者様からのヒアリングをもとに、一人ひとりにあった最善の治療法をご提案。各専門分野の専門医がチームを組んで、歯の健康と美しい歯並び・口元を取り戻す「精密な総合歯科治療」を行います。

グループ全体で年間症例数500ケース以上を誇るインビザラインをはじめ、矯正治療に関連した歯科治療の相談もスムーズに承ることができるよう、無料カウンセリングを行っておりますので、お気軽にご相談ください。

精密審美歯科6院の
クリニック情報を見る