大人のための目立たない矯正のすべて/目立たないマウスピース矯正とは?

目立たないマウスピース矯正とは?

マウスピース矯正とは、自分の歯形に合わせたマウスピース型の矯正装置(アライナー)を使用して、歯を徐々に移動させることで、歯並びを矯正する治療法です。透明なマウスピースを使用するため「矯正装置が見えにくい、目立たない」「自分で取り外しできる」といった特徴があります。

当法人歯科院では、採取した歯形を3Dデジタル化し、シミュレーションに基づいて再現性の高いマウスピースを製作する「インビザライン」のほか、対応症例は比較的少なくなりますが「アソアライナー」にも対応しています。

マウスピース矯正とワイヤー矯正の4つの違い

装着感の違い

マウスピース矯正の場合、ワイヤー矯正に比べて装着時の違和感や痛みが少ないという特徴があります。また、金属製のブラケットやワイヤーを固定する必要がないため、金属アレルギーの心配もありません。

見た目の違い

透明のマウスピースを使用するため、目立ちません。ワイヤー矯正の場合、歯にワイヤーなどの装置を固定する必要があるので、人目につきやすくなります。

お手入れしやすさの違い

ワイヤー矯正の場合、装置が邪魔になって歯と歯肉の間のブラッシングが難しく、より丁寧なケアが必要です。マウスピースは取り外しが可能なので、ブラッシングはこれまで通り行えます。一方で、想定通りの効果を得るためには、毎日長時間(20時間以上)の装着が必要になります。

対応症例の違い

マウスピース矯正の場合、難症例には対応できないケースがあります。当法人歯科院では、インビザラインをはじめとするマウスピース矯正の豊富な症例実績があるほか、ワイヤー矯正法でも治療を行っています。まずは無料カウンセリングにてご相談ください。

精密審美会の治療特徴

矯正専門医のイメージ画像

当法人歯科医院では、矯正担当ドクターが多数在籍しています。歯列矯正専門院を除く歯科医院の多くが、フリーランスとして複数の歯科医院を掛け持ちする矯正医に依頼しているのに対し、当法人歯科医院の矯正医はほとんどが常勤の専門医です。

実際、歯列矯正においては、マウスピース矯正に限らず、様々な治療選択肢がある中で、どのような方法を選択するかで、結果が大きく左右されます。当法人歯科医院では、患者様一人ひとりに最善の矯正治療をご提供するために、複数の矯正医で症例検討会を行っています。症例検討会を行うことで、矯正医ひとりによる偏った治療計画を排除し、複数による知識・経験が融合された治療のご提供を実現しています。

無料相談に申し込む

マウスピース矯正の治療実績・症例

マウスピース矯正で八重歯を治す
/3
「マウスピース矯正で八重歯を治す」開始前の画像

開始前

「マウスピース矯正で八重歯を治す」終了時の画像

終了時

「マウスピース矯正で八重歯を治す」終了時の画像

終了時

「マウスピース矯正で八重歯を治す」開始前のサムネイル画像 「マウスピース矯正で八重歯を治す」終了時のサムネイル画像 「マウスピース矯正で八重歯を治す」終了時のサムネイル画像
  • 患者様:50代女性
  • 治療期間:1年6ヶ月
  • 治療計画:当初はセラミック治療を希望して来院されましたが、まずは噛み合わせ、歯並びを直していくことを提案させていただきました。
  • 費用(概算):75万円
  • 施術の副作用(リスク):歯や顎の痛み、頭痛、めまい、吐き気、精神的なパニックなどを生じることがあります。また、後戻りのリスクがあります。
マウスピースによる出っ歯の目立たない矯正
/3
「マウスピースによる出っ歯の目立たない矯正」開始前の画像

開始前

「マウスピースによる出っ歯の目立たない矯正」治療途中の画像

治療途中

「マウスピースによる出っ歯の目立たない矯正」終了時の画像

終了時

「マウスピースによる出っ歯の目立たない矯正」開始前のサムネイル画像 「マウスピースによる出っ歯の目立たない矯正」治療途中のサムネイル画像 「マウスピースによる出っ歯の目立たない矯正」終了時のサムネイル画像
  • 患者様:20代女性
  • 治療期間:1年2ヶ月
  • 治療計画:上の前歯が出ているのが気になるとのことで来院されました。インビザラインによる矯正治療がご希望であり、上顎の歯を全体に後方に移動させ、歯と歯の間を少し削り、前歯を内側にひっこめる治療計画としました。
  • 費用(概算):約80万円
  • 施術の副作用(リスク):歯や顎の痛み、頭痛、めまい、吐き気、精神的なパニックなどを生じることがあります。また、後戻りのリスクがあります。
ホワイトニングとマウスピース矯正治療
/3
「ホワイトニングとマウスピース矯正治療」開始前の画像

開始前

「ホワイトニングとマウスピース矯正治療」治療途中の画像

治療途中

「ホワイトニングとマウスピース矯正治療」終了時の画像

終了時

「ホワイトニングとマウスピース矯正治療」開始前のサムネイル画像 「ホワイトニングとマウスピース矯正治療」治療途中のサムネイル画像 「ホワイトニングとマウスピース矯正治療」終了時のサムネイル画像
  • 患者様:20代女性
  • 治療期間:9ヶ月
  • 治療計画:上の前歯の隙間を気にされて来院された患者様です。インビザラインによる矯正治療を行うこととしました。
  • 費用(概算):75万円
  • 施術の副作用(リスク):歯や顎の痛み、頭痛、めまい、吐き気、精神的なパニックなどを生じることがあります。また、後戻りのリスクがあります。

マウスピース矯正の種類と費用

インビザライン

インビザラインのイメージ画像

アライン・テクノロジー社が開発したマウスピース型の矯正治療システムです。2018年1月時点で、世界80カ国以上、500万人を超える治療実績があり、難症例にも対応できるようになっています。「クリンチェック・ソフトウェア」による3Dシミュレーションで、治療過程の歯の動きや治療費用、期間を事前に確認することが可能。

治療オプションとして、前歯だけの部分矯正などを対象とした「インビザラインi7」、軽度な不正咬合などを対象とした「インビザラインlite」があります。

インビザラインの
メリット・デメリットを見る

アソアライナー

アソアライナーのイメージ画像

アソインターナショナル社が提供する、日本製マウスピース型矯正装置。1カ月に1回、歯を移動させた状態で歯形を採取してマウスピースを作製し、装着することで歯を矯正していきます。インビザラインと同じく、透明なマウスピース型の装置であるため、目立たない、取り外しができるといったメリットがあります。

基本的には軽度~中程度の不正歯列に適応しますが、重度の場合や、抜歯が必要な場合などは、治療が困難となります。

そのほかのマウスピース

クリアコレクト(米国製)

クリアコレクトは、2006年にアメリカの歯科医師・歯科技工士の2人によって開発されたマウスピース型の矯正装置。現在、アメリカに数あるマウスピース型矯正の中では、シェアナンバー2を獲得している装置になります。
3Dスキャナを使用してアライナーを製作するという点で、クリアコレクトはインビザラインと同じ発想の矯正装置です。ただしクリアコレクトは、インビザラインに比べると、サイズがやや大きめ。歯茎の先端まで覆う形のマウスピース。一般にマウスピースのサイズが大きければ大きいほど歯にかかる力が強くなるため、歯に装着するアタッチメントの量を減らすことができる、というメリットがあります。アタッチメントが少ない分、矯正中の審美性も上がることをメリットとする意見もあります。
2018年現在、日本におけるクリアコレクトの導入については、まだ申請中の段階。近い将来に認可が下り、国内でも広く採用される矯正装置となりそうです。国内にクリアコレクトが導入されれば、歯科医療における矯正装置のシェア地図は大きく変わる、と言われています。
アメリカを参考にすると、治療費用はインビザラインよりも若干安めとなる可能性があります。

イークライナー(日本製)

イークライナーとは、3Dコンピューターシステムを利用して作製される透明なマウスピース型の矯正装置の一つ。マウスピース型の矯正装置は他にも多々ありますが、「1回の歯型取りで矯正終了までのマウスピースを作製できる」という点において、イークライナーはインビザラインとよく似た性格を持ちます。
インビザラインとイークライナーの大きな違いは、イークライナーのアライナーを最初に作製した時点で、樹脂モデルを入手できるという点。この樹脂モデルさえあれば、仮に矯正中にアライナーが破損したり、アライナーを紛失したりしても、ふたたび新しいアライナーを作製することができます。インビザラインに比べて、治療費が安めに設定されている点も、イークライナーの特徴の一つと言えるでしょう。
成人のみならず、小児も治療の対象。成人においては毎日17時間以上、14歳以下の小児においては毎日8~10時間アライナーを装着します。小児における装着時間は短いため、就寝中や在宅中のみで矯正を進めることが可能。むしろ成長ホルモンが多く分泌される深夜を狙ってアライナーを装着するよう、専門家は指導しています。

DENマウスピース(日本製)

DENマウスピースは、福岡にある「でん歯科」の院長・石田一生医師が開発したマウスピース型矯正装置。他の矯正装置の大半が大手メーカーの開発品であることに対し、個人の開業医が開発したマウスピースという点において、DENマウスピースは非常にレアな立ち位置にある矯正装置です。
DENマウスピースの最大の特徴は、その装着時間の短さ。成人矯正でも1日に8~10時間の装着で歯が確実に移動するため、在宅中や就寝中のみで矯正を進めることが可能です。仕事で人前に出ることが多い方や、矯正中の審美性が気になる方にとっては、夢のようなマウスピースと言うことができるでしょう。
ただし、確かに就寝中のみの装着で矯正は可能ですが、装着時間が短い分、他の一般的なマウスピース装置に比べると、矯正終了までに要する期間は長めです。諸々を承知のうえで治療を検討すべきでしょう。
なお、大手メーカーの市場戦略を背景にしたインビザライン等に比べれば、国内におけるDENマウスピースの症例は少なめ。しかしながら、DENマウスピースに対しする歯科医師たちからの評価は非常に高く、2019年現在、全国47の歯科医院がDENマウスピースを導入しています。

エシックス

エシックスは、日本で生まれたマウスピース型矯正装置の一つ。インビザラインやイークライナーなどとは異なり、3Dコンピューターを使用せずに作られるマウスピースです。
エシックスの特徴の一つは、「最初に作ったマウスピースを少しずつ加工調整しながら矯正を進める」という点。昨今採用されているマウスピース型矯正の多くは、新たな歯型を取りながらマウスピースを作り変えていくタイプや、または、最初に取った歯型を基にマウスピースを作り変えていくタイプとなりますが、その点において、エシックスは他の矯正装置とは異なる特徴を持つマウスピースと言えます。
1日の装着時間は10時間~。ライフスタイルによっては、在宅中のみの装着で矯正を進めることができるかも知れません。最低装着時間を守る限り、ワイヤーとブラケットを使った一般的な矯正治療と同じ程度の効果をもたらします。
なお、3Dコンピューターを使用しないで行う矯正という性質上、エシックスは、どちらかと言えば歯科医師や歯科技工士等の職人技に頼る矯正治療。その分、治療費がリーズナブルになるというメリットもあります。

アクアシステム

アクアシステムは、日本生まれのスタンダードなマウスピース型矯正装置。軽度の矯正治療に採用されることも多いことから、「プチ矯正」と呼ばれることもあります。
矯正法は、歯の移動に合わせて新たな歯型を取りマウスピースを作製していく一般的な方法。0.5mmほど歯が移動した時点で、新たな歯型を取ります。
他のマウスピース型装置と同様に、アクアシステムも、もちろん取り外しも可能。食事のとき、プレゼンのとき、取引先との歓談のときなど、シーンに応じて自由に取り外すことができます。
他の透明マウスピース矯正に比べると、アクアシステムは装置の薄さも特徴的。そのため発音に支障をきたすことはほとんどないため、ストレスなく他人とコミュニケーションを取ることができるでしょう。
価格は約50万円~とリーズナブル。ブラケットとワイヤーを使った一般的な矯正に比べても、ローコストで治療を進めることができます。
なお、昨今のマウスピース型矯正は、インビザラインに代表されるように、最初に取った歯型のみで矯正を進めていく方法が人気です。それに対してアクアシステムは、歯の移動に合わせて新たな歯型を取りマウスピースを作っていくシステム。そのため、クリアシステムを「やや古い方法では?」と感じてしまう方もいるかも知れません。しかしながら、常に最新の歯の状態に合わせてマウスピースを作り直すという方法は、手間はかかるものの優れた治療法だと評価する歯科医師も少なくありません。

オペラグラス

オペラグラスは、3Dコンピュータシステムを利用して作られる透明マウスピース型矯正装置の一つ。数あるマウスピースの中でも、特に「目立たない」ということに力を入れた矯正装置です。加えて、装着感の軽さもオペラグラスの特徴です。
形状の特徴は、とにかく薄いということ。「目立たない」ことを追求しているマウスピースなので、極力、厚みを付けないような作りとしています。装置の薄さの宿命かも知れませんが、1週間に1度のペースで新たなマウスピースに交換しなければならない点は、オペラグラスのデメリットかも知れません。
インビザラインなどの一般的なマウスピースに比べると、比較的、軽症の不正歯列に適した装置。前歯を中心とした軽い不正歯列や、インビザラインなどによる矯正治療後の後戻り予防措置に適している、とされています。
マウスピース型装置である以上、他のマウスピース型装置と同様に、生活シーンに合わせて自由に取り外すことが可能。ただし、原則として1日20時間以上の装着を必要とするため、仕事中のフルタイムを外して過ごすことはできません。非常に目立ちにくい装置ですが、その点は了承のうえ治療を検討するようにしましょう。

マウスピース矯正中のホワイトニングについて

取り外しができるという特徴を持つマウスピース矯正の場合、矯正しながらホワイトニングを進めることも可能です。当法人歯科医院では、2つの方法からホワイトニングを行っています。

ホームホワイトニング

マウスピースにジェル材を流し込み、歯に合わせて行うホワイトニングの方法です。自宅で寝ている時間などに着用することで、毎日少しずつ白くなり、個人差はありますが、約1週間ほどで効果が期待できます。マイペースで行える、薬剤が低濃度のため刺激が少ないといったメリットがある一方で、毎日行う手間や、すぐには効果が表れないといったデメリットがあります。

上下どちらかの歯列に対して行う「お試しコース」、上下の歯列に対して行う「スタンダードコース」、上下のホワイトニングに加えてクリーニングも行う「スペシャルコース」があります。

オフィスホワイトニング

当法人歯科医院で、歯科衛生士がホワイトニングジェルを施術する方法です。一度の来院である程度の効果が得られるため、就職活動の面接や結婚式など、近々大きなイベントを控えている方におすすめです。デメリットとして、奥歯のホワイトニングができないことや、薬剤が浸透しやすい方の場合、一時的に知覚過敏の症状がでることがあります(健康上の問題はありません)。

レーザーを一切使用しない「スタンダードコース」と、開口器装着タイプの「BRILLICA」(ブリリカ)という照射器を使用する「レーザーホワイトニングコース」があります。

オフィスホワイトニングの後に、ホームホワイトニングを行う「デュアルホワイトニング」により、最大限の効果が見込めます。

Dr.伊藤のプロフィール画像 Dr.伊藤のプロフィール画像

理事 主任矯正医
伊藤啓介

矯正治療を相談する

矯正治療を相談する

インビザライン希望の患者様が劇的に増えています。

精密審美会では、以前より裏側矯正などのワイヤー矯正について、多くの患者様から評価していただいておりましたが、近年患者様からの要望が多くなってきたマウスピース矯正にも本格的に取り組みはじめたところ、インビザライン希望の患者様が劇的に増えてまいりました。

そこで、当法人初となる「インビザライン専門医院」の銀座しらゆり矯正歯科を2017年に開院。今ではグループ全体でインビザラインの年間症例は500ケース以上となっています。この経験を活かし、当法人歯科医院では、インビザライン治療に関わるドクター全員で、治療計画・診断や症例情報を共有し、日々研究を重ねながら治療に取り組んでいます。ぜひ一度相談にいらっしゃってください。