大人のための目立たない矯正のすべて/マウスピース矯正の症例実績

マウスピース矯正の症例実績

/3
「インビザライン 前歯のガタつき、ねじれ」開始前の画像

開始前

「インビザライン 前歯のガタつき、ねじれ」治療途中の画像

治療途中

「インビザライン 前歯のガタつき、ねじれ」終了時の画像

終了時

「インビザライン 前歯のガタつき、ねじれ」開始前のサムネイル画像 「インビザライン 前歯のガタつき、ねじれ」治療途中のサムネイル画像 「インビザライン 前歯のガタつき、ねじれ」終了時のサムネイル画像

目立たない矯正を希望された患者様です。比較的軽度の症状だったためマウスピース矯正で十分行えると判断しました。

この症例を詳しく見る

/3
「インビザラインで出っ歯の治療」開始前の画像

開始前

「インビザラインで出っ歯の治療」治療途中の画像

治療途中

「インビザラインで出っ歯の治療」終了時の画像

終了時

「インビザラインで出っ歯の治療」開始前のサムネイル画像 「インビザラインで出っ歯の治療」治療途中のサムネイル画像 「インビザラインで出っ歯の治療」終了時のサムネイル画像

上の前歯が、前に出ているのが気になり、マウスピースで矯正したいとのことで来院されました。上顎の前歯の前方への傾斜が強く、下顎にもでこぼこがありました。インビザラインにて、歯を抜かずに、上の歯を全体的に後方に移動させて出っ歯を改善する計画としました。

この症例を詳しく見る

/3
「マウスピースで上下の歯のでこぼこを解消 インビザライン」開始前の画像

開始前

「マウスピースで上下の歯のでこぼこを解消 インビザライン」治療途中の画像

治療途中

「マウスピースで上下の歯のでこぼこを解消 インビザライン」終了時の画像

終了時

「マウスピースで上下の歯のでこぼこを解消 インビザライン」開始前のサムネイル画像 「マウスピースで上下の歯のでこぼこを解消 インビザライン」治療途中のサムネイル画像 「マウスピースで上下の歯のでこぼこを解消 インビザライン」終了時のサムネイル画像

前歯のでこぼこを気にして来院された患者様です。インビザラインを用い、IPR(歯と歯の間を削る)と歯列全体を拡大させることで、歯並びを整えていくこととしました。

この症例を詳しく見る

/3
「30代女性 インビザラインを用いた八重歯の矯正治療」開始前の画像

開始前

「30代女性 インビザラインを用いた八重歯の矯正治療」治療途中の画像

治療途中

「30代女性 インビザラインを用いた八重歯の矯正治療」終了時の画像

終了時

「30代女性 インビザラインを用いた八重歯の矯正治療」開始前のサムネイル画像 「30代女性 インビザラインを用いた八重歯の矯正治療」治療途中のサムネイル画像 「30代女性 インビザラインを用いた八重歯の矯正治療」終了時のサムネイル画像

顎間ゴムとインビザラインの併用による非抜歯での八重歯の改善を計画します。

この症例を詳しく見る

/3
「30代男性 インビザラインによる過蓋咬合の改善」開始前の画像

開始前

「30代男性 インビザラインによる過蓋咬合の改善」治療途中の画像

治療途中

「30代男性 インビザラインによる過蓋咬合の改善」終了時の画像

終了時

「30代男性 インビザラインによる過蓋咬合の改善」開始前のサムネイル画像 「30代男性 インビザラインによる過蓋咬合の改善」治療途中のサムネイル画像 「30代男性 インビザラインによる過蓋咬合の改善」終了時のサムネイル画像

インビザラインG5のシステムにより過蓋咬合の改善をはかります。

この症例を詳しく見る

/3
「30代男性 インビザライン治療によるガタつきの改善」開始前の画像

開始前

「30代男性 インビザライン治療によるガタつきの改善」治療途中の画像

治療途中

「30代男性 インビザライン治療によるガタつきの改善」終了時の画像

終了時

「30代男性 インビザライン治療によるガタつきの改善」開始前のサムネイル画像 「30代男性 インビザライン治療によるガタつきの改善」治療途中の画像 「30代男性 インビザライン治療によるガタつきの改善」終了時の画像

インビザラインによりガタつきの改善を計画しました。

この症例を詳しく見る

/3
「30代男性 インビザラインによるオープンバイト治療」開始前の画像

開始前

「30代男性 インビザラインによるオープンバイト治療」治療途中の画像

治療途中

「30代男性 インビザラインによるオープンバイト治療」終了時の画像

終了時

「30代男性 インビザラインによるオープンバイト治療」開始前のサムネイル画像 「30代男性 インビザラインによるオープンバイト治療」治療途中のサムネイル画像 「30代男性 インビザラインによるオープンバイト治療」終了時のサムネイル画像

インビザラインによるオープンバイトの是正を計画します。

この症例を詳しく見る

/3
「インビザラインで八重歯を治す」開始前の画像

開始前

「インビザラインで八重歯を治す」終了時の画像

終了時

「インビザラインで八重歯を治す」終了時の画像

終了時

「インビザラインで八重歯を治す」開始前のサムネイル画像 「インビザラインで八重歯を治す」終了時のサムネイル画像 「インビザラインで八重歯を治す」終了時のサムネイル画像

当初はセラミック治療を希望して来院されましたが、まずは噛み合わせ、歯並びを直していくことを提案させていただきました。

この症例を詳しく見る

/3
「インビザラインによる前歯のでこぼこの改善」開始前の画像

開始前

「インビザラインによる前歯のでこぼこの改善」治療途中の画像

治療途中

「インビザラインによる前歯のでこぼこの改善」終了時の画像

終了時

「インビザラインによる前歯のでこぼこの改善」開始前のサムネイル画像 「インビザラインによる前歯のでこぼこの改善」治療途中のサムネイル画像 「インビザラインによる前歯のでこぼこの改善」終了時のサムネイル画像

前歯のでこぼこを気にして来院された患者様です。 インビザラインを用い、IPR(歯と歯の間を削る)と歯列全体を後方に移動させることで、口元を整えていくこととしました。

この症例を詳しく見る

/3
「インビザラインで歯を抜かずに八重歯の治療」開始前の画像

開始前

「インビザラインで歯を抜かずに八重歯の治療」治療途中の画像

治療途中

「インビザラインで歯を抜かずに八重歯の治療」終了時の画像

終了時

「インビザラインで歯を抜かずに八重歯の治療」開始前のサムネイル画像 「インビザラインで歯を抜かずに八重歯の治療」治療途中のサムネイル画像 「インビザラインで歯を抜かずに八重歯の治療」終了時のサムネイル画像

上の前歯のガタつきと、右上の八重歯になっているところが気になるとのことで来院されました。 ガタつきを改善するために、上の奥歯を後方に移動させて、そのスペースを利用して歯を並べることとなりました。 マウスピースでの治療を希望されたため、インビザラインで治療を開始しました。

この症例を詳しく見る

/3
「矯正による八重歯の審美治療」開始前の画像

開始前

「矯正による八重歯の審美治療」治療途中の画像

治療途中

「矯正による八重歯の審美治療」終了時の画像

終了時

「矯正による八重歯の審美治療」開始前のサムネイル画像 「矯正による八重歯の審美治療」治療途中のサムネイル画像 「矯正による八重歯の審美治療」終了時のサムネイル画像

前歯の見た目を気にして来院された患者様です。 当初はセラミッククラウンによる審美回復を希望されていましたが、年齢が20代前半であることや、むし歯がほとんどない前歯であることから、矯正治療を行うように説得をしました。 八重歯の後ろの歯を1歯抜歯し、インビザラインにより矯正治療を行うこととしました。

この症例を詳しく見る

/3
「前歯の軽度のでこぼこをインビザライン ライトで改善」開始前の画像

開始前

「前歯の軽度のでこぼこをインビザライン ライトで改善」治療途中の画像

治療途中

「前歯の軽度のでこぼこをインビザライン ライトで改善」終了時の画像

終了時

「前歯の軽度のでこぼこをインビザライン ライトで改善」開始前のサムネイル画像 「前歯の軽度のでこぼこをインビザライン ライトで改善」治療途中の画像 「前歯の軽度のでこぼこをインビザライン ライトで改善」終了時の画像

前歯のでこぼこを主訴に来院された患者様です。 奥歯のかみ合わせは問題があまりなく前歯のでこぼこのみの治療をご希望であったため、インビザライン ライトでの治療をすることとなりました。

この症例を詳しく見る

/3
「過蓋咬合の治療 ワイヤーでは難しい症例」開始前の画像

開始前

「過蓋咬合の治療 ワイヤーでは難しい症例」治療途中の画像

治療途中

「過蓋咬合の治療 ワイヤーでは難しい症例」終了時の画像

終了時

「過蓋咬合の治療 ワイヤーでは難しい症例」開始前のサムネイル画像 「過蓋咬合の治療 ワイヤーでは難しい症例」治療途中のサムネイル画像 「過蓋咬合の治療 ワイヤーでは難しい症例」終了時のサムネイル画像

歯ぎしりがあるためナイトガード作成を希望して来院。 前歯部の過蓋咬合があり、また、小臼歯部に左右ともすれ違い咬合が認められたため、矯正治療をすすめました。 前歯の部分が深く咬み込んでいるため、物理的にブラケットがつく隙間がなく、ワイヤー矯正は表も、裏も難しい状態でした。 ワイヤー矯正ですと、装置がつく側(上または下顎)のみを動かしてから対顎に装置がつくため治療期間が非常に長くなります。 また、上の歯がかぶさっていることで、装置が外れやすいワイヤー矯正よりもはるかに負担は少なく確実に治療ができます。 過蓋咬合の方のマウスピース矯正は、ワイヤー矯正と異なり、上下顎同時に一気に動かすことができるため、治療が短期間ですみます。

この症例を詳しく見る

/3
「インビザラインによる前歯のでこぼこ改善」開始前の画像

開始前

「インビザラインによる前歯のでこぼこ改善」治療途中の画像

治療途中

「インビザラインによる前歯のでこぼこ改善」終了時の画像

終了時

「インビザラインによる前歯のでこぼこ改善」開始前のサムネイル画像 「インビザラインによる前歯のでこぼこ改善」治療途中のサムネイル画像 「インビザラインによる前歯のでこぼこ改善」終了時のサムネイル画像

前歯のでこぼこを気にして来院された患者様です。 口元はこれ以上前に突出させたくないとのことであったので、親知らず4本を抜歯し、上下の歯列全体を後方へ移動させることで、でこぼこを解消させることとしました。 正中の位置もややずれていたので、インビザラインにより仕上げていくこととしました。

この症例を詳しく見る

/3
「矯正治療と奥歯のセラミックブリッジ」開始前の画像

開始前

「矯正治療と奥歯のセラミックブリッジ」終了時の画像

終了時

「矯正治療と奥歯のセラミックブリッジ」終了時の画像

終了時

「矯正治療と奥歯のセラミックブリッジ」開始前のサムネイル画像 「矯正治療と奥歯のセラミックブリッジ」終了時のサムネイル画像 「矯正治療と奥歯のセラミックブリッジ」終了時のサムネイル画像

奥歯のクラウンが頻繁に壊れること、奥歯がグラグラと揺れることを気にして来院された患者様です。 診査の結果、強い咬み合わせと切端咬合による奥歯への負担が原因と考えられました。 まずは抜歯が必要な歯を抜歯し、治療が必要な奥歯を仮歯へ替えることとしました。 部分的に歯周病の症状が認められたため、歯周病処置を行い、その後咬み合わせ改善のための矯正治療をインビザライン・ライトを用いて行うこととしました。 矯正治療により咬み合わせが改善されたことを確認し、奥歯をセラミッククラウンおよびブリッジにて補綴することとしました。 咬合力が強く、セラミックが頻繁に壊れていたため、フルジルコニアクラウンを採用することとしました。

この症例を詳しく見る

/3
「インビザラインによる出っ歯とすきっ歯の改善」開始前の画像

開始前

「インビザラインによる出っ歯とすきっ歯の改善」治療途中の画像

治療途中

「インビザラインによる出っ歯とすきっ歯の改善」終了時の画像

終了時

「インビザラインによる出っ歯とすきっ歯の改善」開始前のサムネイル画像 「インビザラインによる出っ歯とすきっ歯の改善」治療途中のサムネイル画像 「インビザラインによる出っ歯とすきっ歯の改善」終了時のサムネイル画像

上の前歯の前突感と隙間を気にして来院された患者様です。 インビザラインにより、隙間を閉じながら前歯を下げていくこととしました。

この症例を詳しく見る

/3
「軽度のガタつき インビザラインで短期間できれいに」開始前の画像

開始前

「軽度のガタつき インビザラインで短期間できれいに」治療途中の画像

治療途中

「軽度のガタつき インビザラインで短期間できれいに」終了時の画像

終了時

「軽度のガタつき インビザラインで短期間できれいに」開始前のサムネイル画像 「軽度のガタつき インビザラインで短期間できれいに」治療途中のサムネイル画像 「軽度のガタつき インビザラインで短期間できれいに」終了時のサムネイル画像

インビザライン フルによる単独の叢生治療。臼歯関係は維持します。

この症例を詳しく見る

/3
「目立たないマウスピースでガタつきを短期間で治す」開始前の画像

開始前

「目立たないマウスピースでガタつきを短期間で治す」治療途中の画像

治療途中

「目立たないマウスピースでガタつきを短期間で治す」終了時の画像

終了時

「目立たないマウスピースでガタつきを短期間で治す」開始前のサムネイル画像 「目立たないマウスピースでガタつきを短期間で治す」治療途中のサムネイル画像 「目立たないマウスピースでガタつきを短期間で治す」終了時のサムネイル画像

臼歯関係は維持、前歯の叢生のみinvisalignで解消する。

この症例を詳しく見る

/3
「インビザラインi7 わずかなガタつきのマウスピース矯正」開始前の画像

開始前

「インビザラインi7 わずかなガタつきのマウスピース矯正」治療途中の画像

治療途中

「インビザラインi7 わずかなガタつきのマウスピース矯正」終了時の画像

終了時

「インビザラインi7 わずかなガタつきのマウスピース矯正」開始前のサムネイル画像 「インビザラインi7 わずかなガタつきのマウスピース矯正」治療途中のサムネイル画像 「インビザラインi7 わずかなガタつきのマウスピース矯正」終了時のサムネイル画像

口腔内スキャン→3Dシミュレーションの確認→マウスピースの製作

この症例を詳しく見る

/3
「歯を抜かない矯正 インビザラインで 前歯のでこぼこ」開始前の画像

開始前

「歯を抜かない矯正 インビザラインで 前歯のでこぼこ」治療途中の画像

治療途中

「歯を抜かない矯正 インビザラインで 前歯のでこぼこ」終了時の画像

終了時

「歯を抜かない矯正 インビザラインで 前歯のでこぼこ」開始前のサムネイル画像 「歯を抜かない矯正 インビザラインで 前歯のでこぼこ」治療途中のサムネイル画像 「歯を抜かない矯正 インビザラインで 前歯のでこぼこ」終了時のサムネイル画像

前歯のがたがたを主訴に来院。 臼歯関係は問題なく、上下の前歯に叢生がありました。 上下とも前歯が内側に傾いていたため、前歯部のディスキングと唇側傾斜を主に行い、叢生を解消しました。 ワイヤー矯正とマウスピース矯正どちらも可能でしたが、適応症と考えられたため、マウスピース矯正をこちらからお勧めしました。 治療は非常に順調で、半年でリファインメントもなく治療を終えることができました。

この症例を詳しく見る

施術の副作用(リスク):歯や顎の痛み、頭痛、めまい、吐き気、精神的なパニックなどを生じることがあります。