矯正治療と奥歯のセラミックブリッジ

/3
「矯正治療と奥歯のセラミックブリッジ」開始前の画像

開始前

「矯正治療と奥歯のセラミックブリッジ」終了時の画像

終了時

「矯正治療と奥歯のセラミックブリッジ」終了時の画像

終了時

「矯正治療と奥歯のセラミックブリッジ」開始前のサムネイル画像 「矯正治療と奥歯のセラミックブリッジ」終了時のサムネイル画像 「矯正治療と奥歯のセラミックブリッジ」終了時のサムネイル画像

  • 患者様:60代女性
  • 治療期間:2年2ヶ月
  • 治療計画:奥歯のクラウンが頻繁に壊れること、奥歯がグラグラと揺れることを気にして来院された患者様です。 診査の結果、強い咬み合わせと切端咬合による奥歯への負担が原因と考えられました。 まずは抜歯が必要な歯を抜歯し、治療が必要な奥歯を仮歯へ替えることとしました。 部分的に歯周病の症状が認められたため、歯周病処置を行い、その後咬み合わせ改善のための矯正治療をインビザライン・ライトを用いて行うこととしました。 矯正治療により咬み合わせが改善されたことを確認し、奥歯をセラミッククラウンおよびブリッジにて補綴することとしました。 咬合力が強く、セラミックが頻繁に壊れていたため、フルジルコニアクラウンを採用することとしました。
  • 費用(概算):160万円
  • 治療について:矯正治療による前歯の歯並びの変化は僅かのように感じられますが、切端咬合から正常被蓋へと改善されたことで、犬歯を中心とした側方運動が可能となり、奥歯への負担を大幅に軽減することができました。 治療前は常に奥歯に力がかかり、下顎の横向きの運動がスムーズにできていませんでしたが、治療後には奥歯の引っかかる感覚から解放され、患者様には大変満足していただきました。
  • 施術の副作用(リスク):歯や顎の痛み、頭痛、めまい、吐き気、精神的なパニックなどを生じることがあります。また、後戻りのリスクがあります。

無料相談に申し込む