大人のための目立たない矯正のすべて/マウスピース矯正の症例実績/右下の歯を抜いてからかみ合わせが悪くなってきた

右下の歯を抜いてからかみ合わせが悪くなってきた

「右下の歯を抜いてからかみ合わせが悪くなってきた」の詳細
/3
「右下の歯を抜いてからかみ合わせが悪くなってきた」開始前の画像

開始前

「右下の歯を抜いてからかみ合わせが悪くなってきた」治療途中の画像

治療途中

「右下の歯を抜いてからかみ合わせが悪くなってきた」終了時の画像

終了時

「右下の歯を抜いてからかみ合わせが悪くなってきた」開始前のサムネイル画像 「右下の歯を抜いてからかみ合わせが悪くなってきた」治療途中のサムネイル画像 「右下の歯を抜いてからかみ合わせが悪くなってきた」終了時のサムネイル画像

  • 患者様:30代女性
  • 治療期間:2年
  • 治療計画: 以前、歯医者で歯列からはみ出している歯(小臼歯)を一本抜いてから、かみ合わせが悪くなってきたという理由で来院されました。 歯並びを整え、1本抜歯された歯のスペースを確保して、インプラントを計画しました。 治療はインビザライン(透明マウスピース型矯正装置)にて行いました。
  • 費用(概算):80万円(インプラント代は別途)
  • 治療について:治療方法について悩みました。右下が1本抜歯されているので、上の2本と左下の1本を抜歯して本数のバランスをとる治療計画も考えられましたが、新たに歯は抜かず逆に1本抜かれている歯をインプラントにて回復する治療計画をたてました。 インビザラインだからこそここまで治療できたと実感しております。 (注意点 無理な歯を抜かない拡大治療を行うと、歯肉から歯根がでてくることがあります) 患者様にも非常に喜んでいただきました。
  • 施術の副作用(リスク):歯や顎の痛み、頭痛、めまい、吐き気、精神的なパニックなどを生じることがあります。また、後戻りのリスクがあります。

無料相談に申し込む