大人のための目立たない矯正のすべて/マウスピース矯正の症例実績/小矯正を併用し機能性・清掃性を高めた臼歯部ブリッジ治療

小矯正を併用し機能性・清掃性を高めた臼歯部ブリッジ治療

「小矯正を併用し機能性・清掃性を高めた臼歯部ブリッジ治療」の詳細
/3
「小矯正を併用し機能性・清掃性を高めた臼歯部ブリッジ治療」開始前の画像

開始前

「小矯正を併用し機能性・清掃性を高めた臼歯部ブリッジ治療」治療途中の画像

治療途中

「小矯正を併用し機能性・清掃性を高めた臼歯部ブリッジ治療」終了時の画像

終了時

「小矯正を併用し機能性・清掃性を高めた臼歯部ブリッジ治療」開始前のサムネイル画像 「小矯正を併用し機能性・清掃性を高めた臼歯部ブリッジ治療」治療途中のサムネイル画像 「小矯正を併用し機能性・清掃性を高めた臼歯部ブリッジ治療」終了時のサムネイル画像

  • 患者様:50代女性
  • 治療期間:1年2ヶ月
  • 治療計画:左下奥歯の噛み合わせが悪く、かみづらいことの改善を希望され来院されました。 小臼歯の位置が悪くインレータイプのブリッジが装着されており、上下の歯がすれ違っているので咬むことのできる面積が少なくなってしまっている状況です。 インビザラインを用いた小矯正治療を行い歯の位置を是正したのち、精密なブリッジの作製を行いかみやすいような環境を整えることを計画します。
  • 費用(概算):27万円(仮歯・メタルボンドクラウン3本分)、30万円(小矯正代として)
  • 治療について:歯の位置が悪くそのままブリッジの作製を行う場合、通常は今回のようにインレータイプのブリッジを装着するか神経を取り(抜髄)無理やり方向を変えることで対応するのが一般的です。 インレータイプのブリッジは、かかる力に対しての維持力が十分でないことで虫歯の再発リスクや脱離しやすいことが多く、抜髄する場合は神経を失うだけでなく歯の方向を無理やり変えるので、力学的に不利な構造となりいづれの方法も理想的とは言い難い治療です。 今回はインビザラインを用いた小矯正を行い、歯の位置を整えた後にブリッジを作製したことで神経を保存し、力学的にも良好な状態にすることができました。 咬むことのできる面積が増えたことでかみやすくなったと、治療結果にも満足していただくことができました。
  • 施術の副作用(リスク):歯や顎の痛み、頭痛、めまい、吐き気、精神的なパニックなどを生じることがあります。また、後戻りのリスクがあります。

無料相談に申し込む