目立たない矯正コラム

「歯を抜かない矯正治療のメリット・デメリット」「部分矯正と全顎矯正の違い」「後戻りしてしまった歯並びの再矯正」など、目立たない矯正を行う上で患者様がよく気にされるポイントをまとめて、コラム形式で解説しています。症例実績も掲載していますので、参考にしてもらえれば幸いです。

歯を抜かない矯正治療のメリット・デメリット

マウスピースやワイヤー・ブラケットなどで目立たない矯正を行う際、気になるのが「歯を抜くか抜かないか」だと思います。健康的な永久歯は、歯や口内の問題だけでなく、全身にも影響を与えている重要なパーツのひとつ。基本的には歯を抜かずに矯正できるならよいのですが、実はデメリットもありますので注意が必要です。非抜歯矯正治療の症例実績と合わせて、分かりやすく解説します。

歯を抜かない矯正治療のメリット・デメリットを見る

部分矯正と全顎矯正の違いとは?

症例によっては、全ての歯並びの矯正を行う「全顎矯正」ではなく、一部の矯正だけで済む「部分矯正」を適応できるケースがあります。部分矯正であれば、比較的小さい規模の治療で矯正が終わるため、患者様への負担を大きく軽減することができます。このページでは、全顎矯正との違いについてメリット・デメリットを解説し、部分矯正が「具体的にどのような症例に適応できるのか」を分かりやすく解説しています。また、部分矯正の症例実績も掲載していますので、ぜひご参考ください。

部分矯正と全顎矯正の違いとは?を見る

後戻りしてしまった歯並びの再矯正について

せっかくお金と手間をかけて矯正した歯並びでも、何年も時間が経てば少なからず後戻りが起き、歯並びが悪くなってしまいます。そこで選択肢として挙がるのが「後戻りの再矯正」です。ここでは後戻りの再矯正にかかる費用・期間の目安ほか、後戻りしてしまう原因について解説。さらに「インビザライン」などマウスピースを使った再矯正治療の症例実績も紹介しています。

後戻りしてしまった歯並びの再矯正についてを見る

自力で理想の歯並びに矯正できる?

矯正治療は、高い費用・長い治療期間・定期的に歯科医院に通う手間などから、どうしてもハードルが高いと感じがちです。そのため、自力で治そうと様々な方法を調べている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。実際、インターネットなどで調べると、自力で歯並びを治す方法や、器具などの情報がたくさんあります。しかし、これらで「良くない噛み合わせが改善する」というような歯並びの変化を生じさせることは考えづらく、使い方によっては、かえって歯並びを悪くしてしまうケースもあります。理想の歯並びを目指すにあたって知っておきたい注意点とあわせて、詳しく解説します。

自力で理想の歯並びに矯正できる?を見る

歯列矯正治療に対する医療費控除について

歯列矯正を行いたいと考えたとき、まず費用面が気になる人も多いでしょう。そのような時にチェックしておきたいのが「医療費控除」制度。このページでは、医療費控除とはどのような制度と受けられる条件、さらに歯科矯正では医療費控除が受けられるのかといった内容について解説しています。医療費控除と所得の関係などについても説明していますので、これまでこの制度について聞いたことはあるけれど、よくわからない…という人はぜひチェックしてみましょう。

歯列矯正治療に対する医療費控除についてを見る

デンタルローンについて

どうしても負担が大きくなりがちな矯正治療ですが、支払いの負担を軽減するために「デンタルローン」が用意されています。デンタルローンは、歯科治療はもちろん、歯列矯正やインプラントでも利用できる支払い方法ですが、これまで利用したことがない人はどのようなものなのかわからない人も多いでしょう。そこで、デンタルローンについて詳しく解説。どのような場合に利用できるのかといったことから、治療費に応じた具体的な支払い例まで紹介しています。

デンタルローンについて

裏側矯正と表側からの矯正の費用の違いについて

矯正治療を行う際には、裏側または表側からの矯正のどちらを行うかを選ぶことになりますが、一般的に裏側矯正の方が費用は高くなります。裏側矯正と表側からの矯正のどちらを選んでも治療期間や仕上がりについては大きな差はないものの、それぞれの治療方法の違いが費用に影響してきます。この記事では、表側・裏側からの矯正治療における手順を解説していますので、なぜ費用の差が起こってくるのかがわかるはず。矯正治療を始める際に覚えておきたい内容となっています。

裏側矯正と表側からの矯正の費用の違いについて

恋愛や夫婦生活への影響が気になるなら「目立たない矯正」を

歯列矯正をすることで、恋愛面で不利になったり、夫婦生活に支障が出てくるのではないかと不安を抱えている人もいるかもしれません。このページでは、歯列矯正を行う上で抱きがちな「悪い印象を与えてしまわないか」「スキンシップの際に支障が起こることはないのか」といった不安や疑問にお答えしています。疑問が解消されることで、歯列矯正にチャレンジできるはずですので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

恋愛や夫婦生活への影響が気になるなら「目立たない矯正」を

歯列矯正中のタバコについて

歯列矯正中はタバコを吸っても良いのか、そんな疑問を持っている喫煙者も多いのではないでしょうか。歯列矯正中はタバコは減らす、もしくは禁煙するのがおすすめです。治療中にタバコを吸うことで、矯正装置に着色汚れがついてしまいます。

歯が動きにくくなり、虫歯や歯周病の発生リスクが高まるといった問題が生じることも。また、抜歯やインプラント治療を受ける際も、タバコを控える必要があります。ここでは歯列矯正治療中に、タバコを吸わない方が良い理由について詳しく解説。また、喫煙がもたらす歯や口腔への影響や、受動喫煙の影響についてもあわせてお伝えします。歯列矯正治療に興味がある方、タバコを吸っている方は、ぜひ参考にしてください。

歯列矯正中のタバコについて

監修:精密審美会
公式HPはこちらら

フリーダイヤルで
直接予約はこちら