目立たない矯正コラム

「歯を抜かない矯正治療のメリット・デメリット」「部分矯正と全顎矯正の違い」「後戻りしてしまった歯並びの再矯正」など、目立たない矯正を行う上で患者様がよく気にされるポイントをまとめて、コラム形式で解説しています。症例実績も掲載していますので、参考にしてもらえれば幸いです。

歯を抜かない矯正治療のメリット・デメリット

マウスピースやワイヤー・ブラケットなどで目立たない矯正を行う際、気になるのが「歯を抜くか抜かないか」だと思います。健康的な永久歯は、歯や口内の問題だけでなく、全身にも影響を与えている重要なパーツのひとつ。基本的には歯を抜かずに矯正できるならよいのですが、実はデメリットもありますので注意が必要です。非抜歯矯正治療の症例実績と合わせて、分かりやすく解説します。

歯を抜かない矯正治療のメリット・デメリットを見る

部分矯正と全顎矯正の違いとは?

症例によっては、全ての歯並びの矯正を行う「全顎矯正」ではなく、一部の矯正だけで済む「部分矯正」を適応できるケースがあります。部分矯正であれば、比較的小さい規模の治療で矯正が終わるため、患者様への負担を大きく軽減することができます。このページでは、全顎矯正との違いについてメリット・デメリットを解説し、部分矯正が「具体的にどのような症例に適応できるのか」を分かりやすく解説しています。また、部分矯正の症例実績も掲載していますので、ぜひご参考ください。

部分矯正と全顎矯正の違いとは?を見る

後戻りしてしまった歯並びの再矯正について

せっかくお金と手間をかけて矯正した歯並びでも、何年も時間が経てば少なからず後戻りが起き、歯並びが悪くなってしまいます。そこで選択肢として挙がるのが「後戻りの再矯正」です。ここでは後戻りの再矯正にかかる費用・期間の目安ほか、後戻りしてしまう原因について解説。さらに「インビザライン」などマウスピースを使った再矯正治療の症例実績も紹介しています。

後戻りしてしまった歯並びの再矯正についてを見る

自力で理想の歯並びに矯正できる?

矯正治療は、高い費用・長い治療期間・定期的に歯科医院に通う手間などから、どうしてもハードルが高いと感じがちです。そのため、自力で治そうと様々な方法を調べている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。実際、インターネットなどで調べると、自力で歯並びを治す方法や、器具などの情報がたくさんあります。しかし、これらで「良くない噛み合わせが改善する」というような歯並びの変化を生じさせることは考えづらく、使い方によっては、かえって歯並びを悪くしてしまうケースもあります。理想の歯並びを目指すにあたって知っておきたい注意点とあわせて、詳しく解説します。

自力で理想の歯並びに矯正できる?を見る