デンタルローンについて

デンタルローン

歯科治療の際に利用できるレンタルローンは、様々な方が利用できる便利なローンでもあります。ただあまりよく知らないという方も多いので、負担額が大きいので歯科治療に望めないという方も多いでしょう。デンタルローンを利用すれば月々の歯科治療の支払いも安定するので、負担なく歯科治療に臨むことができます。デンタルローンについて詳しくまとめていますので、知らないという方はぜひ参考にして利用してみてください。

デンタルローンとは?

デンタルローンとは、歯科治療はもちろん歯列矯正やインプラントなどの高額な治療費を一括で支払えない場合に利用することができるローンになります。またホワイトニングや審美歯科でも利用することができるため、歯の健康維持だけではなく、美容目的でも利用が可能なのです。

デンタルローンは歯科クリニックなどでも用意している場合は申請が可能ですが、他にも銀行系ローンでデンタルローンメニューを設けている場合は銀行などでも申請できます。

デンタルローンは特別なローンでもなく、手数料などもかかりますし、支払い回数なども設定されます。

ただし申し込みが可能なのは歯科治療の支払い目的がある場合のみとなります。ショッピングや生活費としては利用することができないので、注意しましょう。

また審査が行われるため、結果によっては申請が通らないこともあります。その場合には、金利が大幅に変わる可能性がありますが、銀行系のフリーローンなどを利用することもできるでしょう。

デンタルローンが利用できるケース

デンタルローンは様々な方が申し込みできるローンですが、利用するためには条件も必要です。

特に20歳以上であることと安定収入があることは最低でも必要な条件となります。返済ができるという信用が必要なので、20歳を超えていたとしても、安定収入がない場合は審査が通らない可能性もあるでしょう。

特に借り入れ理由の審査等はありませんが、最低限の利用条件を守る必要があるので、誰でも通るとは思わないようにしてください。また主婦や年金受給者の方も申し込みは可能ですが、連帯保証人が必要となる場合もあるので気をつけましょう。

デンタルローンのメリット

続いては、デンタルローンを利用するメリットについてご紹介します。

デンタルローンを利用すれば、保険適用外となる高額な治療費も、分割して支払うことができます。そのため高額だからできないと諦めていたような治療を受けることができるのです。

またデンタルローンは審判会社が一括で支払いを行うので、自分は月々支払っていますが、実質全て支払ったことになります。1回で支払った金額が10万円以上で美容目的以外の歯科治療であり医療費控除の対象となっていれば、医療費控除として翌年に申請することができるでしょう。

デンタルローンの返済事例

いくつかの返済例を紹介するコンテンツです。

デンタルローンの返済事例について紹介していきます。以下の表は全て頭金0円でボーナスの併用はありません。

利用する審判会社によっては分割払い手数料などに違いがあるので、金利等については申請の際にお問い合わせください。

治療費が20万円の場合

支払い回数 12回 24回 36回 60回
第1回目分割支払金 18,021円 9,786円 8,293円 6,438円
第2回目以降分割支払金 16,900円 8,600円 5,800円 3,600円

治療費が70万円の場合

支払い回数 12回 24回 36回 60回
第1回目分割支払金 60,324円 31,951円 22,028円 16,635円
第2回目以降分割支払金 59,400円 30,200円 20,500円 12,700円

治療費が120万円の場合

支払い回数 12回 24回 36回 60回
第1回目分割支払金 102,628円 54,116円 35,762円 26,831円
第2回目以降分割支払金 101,900円 51,800円 35,200円 21,800円

デンタルローンと多目的ローンの違い

デンタルローンと多目的ローンの大きな違いは、デンタルローンは歯科治療などを目的として利用することができますが、多目的ローンは自由に様々な目的に利用することができます。

他にもデンタルローンは多目的ローンと違い、分割手数料が低く設定されています。また提出する書類の必要がないため、申請手続きがとても簡単になっています。借り入れ理由の審査もないので、多くの方が利用しやすいローンです。申し込みも定型詩会員で直接申し込みができる場合もあります。

多目的ローンの場合、借り入れ理由の審査が行われるのはもちろん、印鑑証明や所得確認ができる書類も必要となります。デンタルローンに比べて多目的で使用することができますが、それだけ審査が厳しいのも特徴でしょう。また申し込みをする場合は銀行へ申請することが必要となります。

一番の違いは、デンタルローンは目的が決められているところでしょう。デンタルローンは自由な用途で利用できるものではないので、申し込みの際は多目的ローンと間違えないよう注意してください。