大人のための目立たない矯正のすべて/目立たない矯正コラム/歯列矯正中にタバコは厳禁?その理由について徹底解説!

歯列矯正中にタバコは厳禁?その理由について徹底解説!

喫煙者にとって、歯列矯正中にタバコを吸っても良いのかは気になるところですよね。矯正装着を用いて歯列矯正治療を行う際は、喫煙しても問題ないと考える人も多いでしょう。しかし、実は歯列矯正治療を始める前に、禁煙を勧める医師が多いのです。

歯列矯正のためにタバコを吸えなくなるのは、辛いと感じる喫煙者もたくさんいるはず。そこでこのページでは、なぜ歯列矯正治療中にタバコを吸うべきではないのか、その理由をご紹介します。

喫煙者で歯列矯正に興味のある方、歯列矯正したいけど禁煙に納得できない方は、ぜひ当記事を参考にしてください。また、このページを読んで疑問や不安がある際は、歯列矯正の歯医者さんに直接相談してみてください。

矯正中のタバコは厳禁!?その理由とは

歯列矯正治療を受けるために、なぜタバコを控える、或いは禁煙までしなければならないのか、分からない人も多いでしょう。歯列矯正中にタバコを控えなければならない理由は、以下のとおりです。

抜歯などの外科手術を受ける場合や、インプラント治療を受ける場合も、タバコに気をつけなければなりません。また、歯列矯正をしなくとも、タバコはさまざまな影響を歯や口内に与えます。歯列矯正中にタバコを吸うべきではない理由を詳しく解説します。

着色汚れがつく

歯列矯正中にタバコを吸うと、歯列矯正装置に着色汚れがついてしまいます。着色汚れがつくことで、装置が黄色くなってしまいますので、見た目が良くありません。

着色汚れは一度つくと簡単に落とすことができず、専用のクリーニングを受ける必要があります。 それから、歯列矯正装置の装着箇所は歯の白さを保てているのに、露出箇所は黄色くなってしまうことも。矯正装置を装着している状態では、隅々まで歯の手入れを行うことは難しいです。したがって、手入れが行き届かない箇所のみ、黄色くなってしまうこともあります。

装置を外した際、歯に白色と黄色の模様ができてしまうこともあるのです。キレイな歯に仕上げるためにも、歯列矯正治療中は、禁煙するのがおすすめと言えるでしょう。

歯が動きにくくなる

タバコを吸っていると歯が動きにくくなり、その結果治療期間が長期化するデメリットがあります。歯列矯正治療で歯並びを整える際、歯やアゴの骨に力を加えて、骨を作り変えているのですが、これは傷口の治療と似ているのが特徴です。実はタバコを吸うことで血流が悪くなり、傷口の修復が遅れてしまう傾向があります。

タバコを吸うと骨の作り変えに時間がかかってしまい、その結果歯が動きにくくなって治療期間が長引いてしまうのです。治療期間を長引かせないためにも、タバコの量を減らすか、禁煙するのが良いでしょう。

虫歯や歯周病の発症リスクが高くなる

タバコを吸うと、唾液の分泌量が落ちてしまい、口内が乾きやすくなります。実は唾液には殺菌や抗ウイルス効果があるのですが、唾液の分泌量が減ることで、雑菌が繁殖しやすくなるのです。唾液には虫歯菌や歯周病菌の侵入や、増殖を妨げる働きもあることから、唾液の量が減ると虫歯や歯周病になってしまうリスクが高まります。

歯列矯正治療中は矯正装置が邪魔をして、口内が不潔になりがちです。その上タバコを吸ってしまうと、口内環境が更に悪化。 歯列矯正治療が終わるまではタバコを吸わないようにし、口の中を清潔に保つよう心掛けましょう。

外科手術を受ける場合はタバコは吸えない

抜歯などの外科手術を行う場合は、タバコを吸うことが出来ません。インプラント治療を受ける場合でも、節煙や禁煙を勧める歯科医が多いです。タバコを吸うと傷口が癒えにくくなるので、治療が長引いてしまいます。インプラント治療においては予後を悪くする可能性や、装着しているインプラントが脱落してしまう可能性も。

歯科医によっては、タバコを吸っている人の治療を行わない場合もあります。タバコは歯列矯正治療やインプラント治療に、悪影響を及ぼす可能性がありますので、禁煙を覚悟して治療に臨んでください。

矯正には関係ないが知っておくべきタバコの悪影響

ヤニで歯が汚れる

タバコを吸っていると、歯にタバコのヤニがついてしまいます。タバコのヤニで黄色くなった歯は、不潔に見られてしまうことも。歯がヤニで黄色くなってしまうと、歯磨きではなかなか落ちません。

歯の着色汚れを落とすための、ホワイトニング用歯磨き粉も販売されていますが、研磨剤を使い続けると、歯のエナメル層を傷つけてしまいます。その結果、傷ついた場所に汚れがたまり、歯の黄ばみの原因になってしまうのです。

歯についたタバコのヤニを落とすには、歯医者でクリーニングをするのが効率的と言えるでしょう。クリーニングをしてもらうためには、時間もコストもかかってしまいます。

口臭の原因に

タバコを吸うと唾液の分泌量が減少。口内を殺菌してくれる唾液が減ってしまうことで雑菌が増殖し、口臭発生の原因になってしまいます。歯列矯正装置を装着すると、装置の周囲に歯垢や食べかすがたまり、口臭が発生しやすくなります。口臭が発生している状態で歯列矯正治療を受けると、より一層口臭がひどくなってしまう可能性も。

口腔環境を整えるためにも、口内の唾液量は多い方が良いです。すでに口臭に悩んでいる方や、口臭の発生を防ぎたい方は、タバコの量を減らすか、禁煙することを考えた方が良いでしょう。

口腔がんになる可能性も

タバコを吸っていると、口腔がんになる可能性が高まります。国際がん研究機関のアンケート調査によりますと、タバコを吸う人はタバコを吸わな人よりも、口腔・咽頭がんになる可能性が高いことが判明しています。口腔咽頭がん罹患リスクは、喫煙男性は2.4倍、喫煙女性は2.5倍に増加する傾向がみられたそうです。[注1]

タバコを吸わないことで、口腔がん羅患リスクを下げることができます。口腔がんを予防するためにも、タバコを控えることが重要です。

※1 参考:国立研究開発法人 国立がん研究センター 社会と健康研究センター (https://epi.ncc.go.jp/jphc/outcome/8090.html)

受動喫煙も危険!

タバコを吸わない人でも、受動喫煙には気をつける必要があります。もし家族やパートナーがタバコを吸っているなら、副流煙を吸い込んでいるかもしれません。

実は、自分がタバコを吸わなくても、副流煙を吸い込むことで歯にヤニがついてしまうことがあります。また、副流煙が歯ぐきに悪影響を及ぼす場合もあるのです。

対策としては、タバコを吸っている家族やパートナーには、出来れば外でタバコを吸ってもらうようにしましょう。また、空気清浄機を活用するのも良いですね。

歯列矯正治療をきっかけに禁煙するのがおすすめ

歯列矯正治療中にタバコを吸うことで、装置がヤニで汚れ、歯の色もまだらになってしまいます。また、虫歯や歯周病の発生リスクを高めてしまうことも。

歯列矯正に関係なく、喫煙は口臭の発生や、口腔がんの原因になることもあります。したがって、歯列矯正治療をきっかけに、禁煙するのがおすすめです。タバコを辞め、歯並びを整えて、美しい歯を手に入れてくださいね。

参考サイト・参考文献