インビザライン・ティーンとは

インビザラインとは、アライン・テクノロジー社が開発した、取り外しできる透明なマウスピース型の矯正装置(アライナー)のこと。治療の進み具合に応じて、個々の患者さんに合わせて緻密に設計・製作されたマウスピース型の矯正装置を継続的に装着し、一定期間ごとに新しいものに交換していくことで徐々に歯を動かしていきます。
このインビザラインを10代向けに対応させたのが「インビザライン・ティーン」です。主に11歳~16歳のティーン世代を対象としており、多感な思春期に矯正装置を目立たたせることなく矯正を行うことができます。

インビザライン・ティーンのメリット

矯正していることが目立たない。

インビザライン・ティーンの大きなメリットは、矯正装置が目立たないこと。ご両親がお子様の歯並びを心配して来院されることが多いですが、その際に心配なのが、「矯正していることで周りから変に思われたりするのではないか」という不安です。 思春期は多感な時期ですから、目立つワイヤー矯正装置などはどうしても心理的にハードルが高くなりがちです。 その点、透明に近いマウスピースの矯正装置なら、目立ちにくく取り外すこともできるので、比較的手軽に矯正治療ができます。

虫歯のリスクが低い

中学生以降の思春期のお子様の中には、勉強、部活、遊び、習い事などで忙しく、歯磨きを疎かにしてしまう方も少なくありません。そのような状況でワイヤー矯正を行うと、矯正装置の周りに食べカスが残り、虫歯になるリスクを高めることになります。 しかし、マウスピースの矯正装置なら、自由に着脱できるので普通に歯を磨くことができます。そのため、矯正装置のせいで食べカスが残り虫歯になる、というリスクはほぼ無いと言えます。

矯正装置によるケガなどの危険性が低い

大人と比べて、遊びや体育、部活などで体を動かす機会の多い10代は、お口の中の矯正装置が原因で運動中にケガをする危険性があります。 一方、マウスピース矯正では、このようなリスクは低く、激しい運動などの前には取り外しておくこともできます。

通院の負担が少ない

ワイヤー矯正の場合、ワイヤーの調整などで月に何度も通院する場合がありますが、マウスピース矯正は通院の間隔が長く、診療時間も1回20分程度。お子様が勉強や部活、習い事で忙しくても全く問題ありません。

インビザライン・ティーンのデメリット

治療にはお子様の協力が不可欠

マウスピース矯正装置は、1日におよそ22時間以上は装着していないと想定通りの治療効果が期待できません。取り外しが容易なので、つい外したくなるかもしれませんが、正しい治療効果を得るためには、お子様の協力が不可欠になります。

適応できる症例とできない症例がある

歯が著しくデコボコに生えている場合、顎の骨格上の問題で前後左右にずれている場合、小学生以下で乳歯が残っている場合などは、インビザライン・ティーンを適応できない可能性があります。適応を正確に知りたい場合は、矯正医にご相談ください。

医師の実力によって治療効果が変わる

インビザライン・ティーンは、講習会を受講した歯科医師であれば、誰でも治療できます。一方で、患者様のお口の状態を正確に把握し、歯並びや噛み合わせを考慮しながら、歯をどう動かしていくか。そして、治療後にも問題なく矯正効果を持続させられるか。こうした点は矯正医の実力や実績が問われることになるでしょう。

インビザライン・ティーンの費用

Dr.伊藤のプロフィール画像 Dr.伊藤のプロフィール画像

理事 主任矯正医
伊藤啓介

矯正について相談する

矯正について相談する

インビザライン・ティーンで目立たない矯正が可能に。

思春期は多感な時期であり、悩みやコンプレックスを抱えやすい年代です。その時期に歯並びへのコンプレックスが原因で消極的になってしまっては、貴重な学生生活に影を落としてしまうかもしれません。

しかし、インビザライン・ティーンであれば、目立たない矯正が可能です。成長期の10代であれば、成人してから始めるよりも短期間で矯正治療を完了できる可能性も高まります。歯並びの悩みやコンプレックスから解放されて、貴重な10代の期間を良い歯並びで過ごすためには、早く始めて早く終わらせるのもよいでしょう。