大人のための目立たない矯正のすべて/注目のインビザライン特集/マウスピース矯正の種類とそれぞれの違い

マウスピース矯正の種類とそれぞれの違い

マウスピースの矯正器具と言えば、インビザラインやアソアライナーなどが有名です。もちろんマウスピースの提供を行っている会社や研究所は沢山あるため、ほかにも様々な種類があります。どのマウスピースにおいても特徴的な部分があり、一概にコレが良いとは言えません。歯並びの状態や金銭面、通院の有無などを比較し、自身にとって適した矯正器具を選ぶようにしてください。

ここではインビザラインとアソアライナーについて詳しく解説します。

インビザラインとアソアライナーの共通点

インビザラインやアソアライナーの比較をする前に共通点について紹介します。大きな共通点としてはマウスピース型の矯正器具という点でしょう。従来の矯正器具と異なり、ワイヤーなどを使用していない点が特徴的です。そのため多くのメリットがあり、マウスピース型の矯正器具は非常に注目されています。

目立ちにくい

通常の矯正器具の場合、金属の部分が目立っていました。そのため周囲の人に矯正していることがバレバレになるため、矯正に抵抗感を持つ人も多いようです。マウスピース型なら、透明なので矯正に抵抗感を持っている人でも治療を行うことができるでしょう。また矯正器具を気にせずに笑うことが出来るのは、マウスピース型の魅力です。

たとえば結婚式などの式典にも矯正を気にすることなく参加できますよ。

違和感が少ない

通常の矯正器具の場合、ワイヤーやワイヤーを固定するための装置があるため違和感を覚える人も多いようです。マウスピース型ならワイヤーも装置もありません。そのため通常の矯正器具よりも違和感は少ないでしょう。

発音がしにくい、口内炎ができるなどと言ったデメリットも比較的少ないようです。

取り外しが簡単

通常の矯正器具はワイヤーで絞めているため、取り外すためにはクリニックに通う必要がありました。しかしマウスピース型なら自分で取り外しを行うことが可能です。食後の歯磨きの際にはマウスピースを外し、口腔内の衛生状態を保つことが出来るでしょう。

ただし自分で取り外せる分、少し違和感があれば外すなど装着時間が短くなってしまうデメリットもあります。装着時間が短くなれば、思うような成果を得られないため注意してください。

金属アレルギーの方も矯正可能

金属アレルギーの方は、ワイヤーを使用した矯正を行うことが出来ませんでした。しかし、マウスピースには金属が使われていません。そのため。金属アレルギーを持っている方でも矯正を行うことができるのです。

症状によっては適応外

歯の状況によってはマウスピースでは矯正ができないケースもゼロではありません。症例の幅が広いと言われているインビザラインでも、矯正できない症例があります。信頼できる歯科医に歯の状態を診てもらい、マウスピースが適応かどうか確認してもらいましょう。

マウスピース型の矯正器具を用いるメリットは沢山あります。しかしデメリットもあるため、マウスピース型を選択するかどうかは慎重に考えてからにしてください。

インビザラインとは

アメリカのアライン・テクノロジー社が開発した矯正器具です。豊富な治療実績をビッグデータに収集し、常に進化し続けている特徴があります。世界的にも症例数が多く、開発地でもあるアメリカやカナダなどでは70%以上のシェアを占めているとの報告もあるようです。また論文や専門誌でも取り扱いも多数あります。

治療の流れ

初診時に型取りを行います。その後、型取りした歯型と矯正歯科医が考えた治療計画をアメリカの企業に送付。そこで送られた歯型を3D画像化し、段階ごとの治療計画を密に計画を練ります。治療の計画が決定すると、その計画に応じて段階ごとのマウスピースを作製。そのデータが歯科医院のもとに届き、矯正治療が開始されます。以降は自身で決められた時間を装着するなど管理が必要です。そのため通院は2、3ヶ月に一回程度になります。

インビザラインであれば、コンピューター上でシミュレーションを用いて治療の過程や歯並びが整っていく流れを治療前にチェックすることができます。視覚的にチェックすることが出来るため治療に対するモチベーションアップに繋がるでしょう。

アソアライナーとは

アメリカで製作されているインビザラインマイナス点を補おうと、日本で作られたマウスピース矯正です。日本最大の矯正器具を製作する技工所であるアソインターナショナルで製作されています。日本国内で最も広まっているマウスピース型の矯正器具と言えるでしょう。

治療の流れ

インビザラインと同様に初診時に歯型をとります。1度に全て製作するのではなく、約1ヵ月に1回歯型を再度取り、その都度技工所でアライナーを製作。アライナーは、厚みが異なる3種類(0.5mm、0.6mm、0.8mm)のを、1日およそ17時間以上装着します。10日間経過した後で次のアラナーに交換する流れになります。

歯型を取り、そこから作成した模型に粘土を上乗せします。それを削って、調整したものに透明な材料を装着させ固めます。その作業でアライナーが完成。1ヶ月に1度作成するため治療途中で虫歯の治療を行い詰め物の形状が変わったとしても、矯正治療への影響は非常に少ないです。また日本国内の技工所で製作しているので、アライナーを注文してから治療が開始するまでの期間が20日程度です。つまり、すぐに矯正治療を開始することができるでしょう。

インビザラインとアソアライナーの違い

具体的にインビザラインとアソアライナーの違いについて解説します。

適応となる症例

インビザラインとアソアライナーは適応となる症例が異なります。そのため自身の歯の状態に適応していなければ、治療効果を得ることができないため注意しましょう。

つまりインビザラインの方が、適応となる症例が多いようです。ただインビザラインでも矯正困難な症例もあります。まずはインビザラインを取り扱っているクリニックで適応かどうかをチェックしてもらうことが大切です。

アソアライナーは気になる部分を短期間で矯正するためのモノと言えます。またアソアライナーは概ねの矯正が完了後の後戻りの予防や歯並びの微調整の目的で用いられることがあります。アソアライナーで矯正をしたいと考えていても、状況によっては行えないケースも多いので注意してください。

費用面

矯正を行う際、どのような方法を選択しても数十万円以上の費用が掛かります。インビザラインの場合、クリニックによっても異なりますが一般的に70~100万円前後です。アソアライナーの場合、製作にかかる費用は40万円前後と言われており、インビザラインよりも費用を抑えることができるでしょう。ただし予定よりも治療期間が延長される、他の装置を使用するなどの場合、想像以上に費用が上乗せされる可能性もあります。そのため治療を行う前に、費用面についてクリニックに確認してください。クリニックによっては定額制などのサービスを行っているところもあるようです。定額制であれば、想像以上に費用が上乗せになるなどの心配はないと言えます。

通院の頻度

1回の型取りで治療に必要なマウスピースを全て製作できるインビザライン。そのため通院は2~3か月に1度の頻度で構いません。一方アソアライナーの場合、1ヶ月ごとに歯型をとる必要があります。つまり1ヶ月に1度は通院しなければならないでしょう。

仕事が忙しいなど通院に時間を割けない方にとって、インビザラインの2ヶ月に1度の通院は非常に大きなメリットです。アソアライナーは1ヶ月ごとに歯型をとることで矯正中に虫歯治療を行っても影響が少ないというメリットがあります。

仕事などのスケジュールなども考えながら、いつごろから矯正を行うのか考えましょう。

正確性

インビザラインの場合フルデジタルを採用しており、より精密な歯型をとることができます。さらにビッグデータを用いて、高度な治療計画を練ることができるでしょう。アソアライナーの場合、歯科技工士の技術によって正確性が大きく左右してしまいます。技術が高ければ、より緻密な製作を行ってくれるはずです。しかし技工士が未熟のときは、思ったようなマウスピースを完成させることができないでしょう。つまり技工士の経験や器用さなどで正確性が変わってしまいます。

インビザラインとアソアライナーの比較

  インビザライン アソアライナー
症例範囲 ・幅広い症例に治療可能 ・限定的な症例に治療可能
歯型のとり方 ・初診時1回
・フルデジタル検査
・2週間~1ヵ月に1回実施
正確性や再現性 ・全世界の症例の治療実績をビッグデータで収集。
・臨床データを基にした高度な治療計画を作成
・非常に精度が高い
・歯科技工士の手作業のため正確性は技術力によってばらつきがある
来院間隔と治療期間 ・検査後、治療期間が決定
・2、3ケ月に1度通院
・治療期間は治療を行わないと判断が難しい
・約1ケ月に1度通院
装着時間 ・20時間以上 ・17時間以上
治療料金 ・クリニックによってさまざま
・定額制などのサービスを行っているクリニックもあり
・比較的リーズナブルに矯正可能
・治療期間によっては、治療費が想像以上に高くなることがある

自分の状態にあった矯正を行いましょう

歯の矯正は、非常に高額な治療です。そのため後悔のない治療法を選択することが大切になってきます。後悔しないためにも、治療を開始する前に様々な矯正方法を比較、検討してください。また信頼できる歯科医に相談しながら、自分の歯並びに合った方法を決めていきましょう。矯正器具の特徴やメリット・デメリットをきちんと理解し、選択することが大切です。

Dr.伊藤のプロフィール画像 Dr.伊藤のプロフィール画像

理事 主任矯正医
伊藤啓介

矯正について相談する

矯正について相談する

インビザライン・ティーンで目立たない矯正が可能に。

思春期は多感な時期であり、悩みやコンプレックスを抱えやすい年代です。その時期に歯並びへのコンプレックスが原因で消極的になってしまっては、貴重な学生生活に影を落としてしまうかもしれません。

しかし、インビザライン・ティーンであれば、目立たない矯正が可能です。成長期の10代であれば、成人してから始めるよりも短期間で矯正治療を完了できる可能性も高まります。歯並びの悩みやコンプレックスから解放されて、貴重な10代の期間を良い歯並びで過ごすためには、早く始めて早く終わらせるのもよいでしょう。