インビザラインの失敗

「せっかく治療を受けたのに、十分な効果を得られなかった…」ということがないよう、あらかじめ治療における失敗例を確認しておくのは非常に重要です。このページでは、インビザラインの失敗やトラブル例について紹介しています。

インビザラインの失敗・トラブル例

噛み合わせがもっと悪くなってしまった

インビザラインをはじめとした矯正治療は、不正咬合の改善によって顎や口腔機能と審美性の両方を向上させことを目的としています。そのため、本来であれば審美性のみが向上し、噛み合わせが治らないことはありません。

しかし、治療計画やマウスピースにトラブルがあった場合、歯並びは改善されるものの噛み合わせは以前よりも悪くなってしまうケースがあります。

正中(中心)がずれてしまった

嚙み合わせや歯列の改善に用いられるインビザラインですが、中には「治療によって歯列の悪さが目立ってしまった」というケースもあります。特に多いのは、正中(中心)がずれてしまったという失敗です。

正中のずれは矯正が終わるまで気付かない人が多く、前歯で食べ物が噛み切れなくなるなどのトラブルが発生することもあるでしょう。

歯茎が下がってしまった

歯は顎骨に埋まっているのが正常な状態ですが、矯正によって歯に無理な力がかかると歯茎が下がり、歯根部がむき出しになってしまうことがあります。インビザラインで歯茎が下がる原因には、マウスピースの装着時間が適切でない、もともと骨の厚みが十分でなかった、医師の技術不足などが挙げられるでしょう。歯茎が下がった歯茎は元に戻らないので、注意が必要です。

矯正期間中に虫歯・歯周病になった

マウスピースを長時間着用したり衛生管理を怠ったりすることで口腔内が不衛生な状態になり、虫歯や歯周病になる可能性があります。もしも矯正治療中に口腔トラブルが見つかった場合、そちらの治療が優先されるので、矯正治療にかかる期間が伸びてしまうことも。

また、矯正治療を専門とする歯科医院では虫歯などの治療を行っていないので、その場合は一般歯科で治療を受けなければなりません。

歯が後戻りしてしまった

「矯正治療でキレイな歯並びを手に入れたのに、気付いたら元の状態に戻っていた…」というケースも少なくありません。そもそも、インビザラインはマウスピースを使用して徐々に歯を動かしていく治療です。治療直後の顎骨は柔らかく、自己判断で通院を中断すると後戻りの原因になるため、治療が終わるまでしっかりと医師の指示を守りましょう。

効果がほとんど感じられなかった

せっかくインビザラインを使用しても、治療の効果をほとんど感じられない場合があります。これにはマウスピースを装着する時間や順番が正しくなかった、途中で虫歯や歯周病が見つかったなどさまざまな原因が考えられるでしょう。たくさんの時間と費用を使って矯正治療をするのですから、効果を最大限発揮できるように行動するのが重要です。

監修:精密審美会
公式HPはこちら

フリーダイヤルで
直接予約はこちら