生まれついてのすきっ歯について

生まれつきによるすきっ歯

すきっ歯(空隙歯列)になる原因は2つあり、生まれつきの先天性のものと習慣などによる後天性のものがあります。先天性のものに関しては、主に「生まれつき歯が小さい」「本来あるべき場所に歯が生えてこない」「顎と歯のバランスが悪い」などがあげられます。

生まれつき歯が小さい

もともと生えてきた歯が小さい「矮小歯(わいしょうし)」、永久歯の本数が少ない「欠損歯(けっそんし)」、形が悪いという場合は、隣接している歯との間に余剰にスペースができますので、すきっ歯となります。

また、過剰歯といって本来あるはずがない歯が、歯の間に埋まって永久歯が正しい方向に生えず、スペースができることでもすきっ歯となります。

本来あるべき場所に歯が生えてこない

上記の過剰歯もそうなのですが、本来生えてくるべき場所に生えずに、根に埋まったままの状態や、顎の骨に埋まったままの状態でもその原因となります。

上唇小帯の発達(ヒダ)の異常

上唇小帯という、前歯の間から唇にかけて伸びる筋が過剰に発達し、歯の間の深くまで付着していると正中離開といって、前歯のすきっ歯の原因となります。

顎と歯のバランスが悪い

歯の大きさや数が正常でも、顎が大きいとそれだけ歯の生えるスペースが広がります。

歯に対して土台が広い状態なので、結果として隙間が生じます。ちなみに、逆の場合は歯が重なって生えてくることがあります。

放置しているとどうなるか

生まれつきとはいえ、すきっ歯をそのまま放置していると食べ物が詰まりやすくなりますので、虫歯や歯周病の原因となります。また、前歯に隙間がある場合は、息漏れをしやすくなりますのでサ行の発音のほか、英語の発音もきれいにできないことがあります。

さらに噛み合わせも悪い状態ですので、食べ物が細かくかみ砕けず飲み込みますから、胃腸の負担も大きいでしょう。

まとめ

すきっ歯は上記のように放置しておくとデメリットしかありません。

また、毎日押したりして自身で治そうとする人がいますが、かえって歯に負担をかけてしまう恐れがあります。

以前の歯並び矯正では金属ワイヤーを使用しているものが多く、その見た目から治療をためらっていた方もいるかもしれませんが、昨今では透明で目立たないマウスピースでも矯正できます。歯医者さんで自分の歯並びの現状を把握し、自身にあった矯正方法を探してみることをおすすめします。