すきっ歯による臭いとは

すきっ歯が原因で起こる臭いの原因は?

「すきっ歯」という状態について

歯が小さい、あごの骨格が大きすぎる、歯が抜けたことによって周囲の歯が動いてしまう、などの原因で歯と歯の間に隙間ができてしまうことを「空隙歯列[くうげきしれつ]」と言います。これが俗に言う“すきっ歯”です。すきっ歯は、「見た目が悪い」などの単なる審美的な問題だけではなく、様々な口内トラブルの原因となることがあります。

歯と歯の間に食べ物が詰まりやすい

すきっ歯は歯と歯の間に隙間ができている状態なので、そこへ食べたものが詰まりやすくなります。お肉や野菜などで繊維質が多いものなどを噛むと、特にそれを感じやすいです。

歯磨きをしたときの磨き残しが起こりやすい

すきっ歯が原因で歯並びが悪くなっている場合、歯磨きをしても磨き残しができやすくなってしまいます。食べかすが歯の隙間や歯周ポケットに残ってしまうと、それが口臭のもとになります。普段から歯磨きをする習慣があるのに口臭が気になる場合は、すきっ歯の磨き残しが原因かもしれません。また、磨き残しが歯垢になり、歯垢が固まって歯に付着してしまうと、それが歯石になります。歯石は歯磨きなどのセルフケアでは除去が難しいため、口臭の原因となる歯石がお口のなかにずっと残ってしまうことになります。慢性的な口臭の原因となる歯石を作らないためにも、正しい歯磨きやデンタルクリニックでの歯石クリーニングが必要です。

すきっ歯が起こす口臭以外の悪影響とは

虫歯になりやすい

すきっ歯は歯と歯の間に食べ物が詰まったり挟まりやすくなったりします。隙間が大きく開いている場合はそこまで食べ物は詰まりやすくないですが、少し空いている隙間の場合はとても詰まりやすいです。また、歯ブラシや歯間ブラシ、デンタルフロスなどでのケアもしにくくなります。そのため歯垢が残りやすく、それが虫歯の原因になります。

歯周病になりやすい

歯垢が残ることで起こるトラブルは、虫歯だけではありません。歯と歯の間に残った食べかすは細菌が繁殖する要因となるので、そこから歯周病になってしまうことがあります。

ものを噛みくだくことができない

すきっ歯の状態は噛み合わせが悪いので、食べ物を噛み砕いたり噛み切ったりすることが難しくなります。そのため無意識に「あまり噛まない状態」で食べ物を飲み込むことが多くなり、そのことが体へ思わぬ影響を与えることが考えられるのです。食べ物を細かく噛まないまま飲み込むと、胃での消化に時間がかかるなど、胃腸への負担が大きくなることで消化不良になる原因となります。消化不良になれば腹痛や下痢などの要因となったり、栄養素が効率よく吸収されないことで免疫力の低下や肌荒れなどにもつながったりすることが考えられます。単なる噛みあわせの問題だと軽視していると、知らず知らずのうちに体へ悪影響を与えてしまうことを頭に入れておきましょう。

噛みあわせが悪いことでこんな影響も

歯のかみ合わせが悪いと、あごや筋肉への負担が大きくなります。そのため、頭痛や肩こりなどの慢性的な症状を引き起こすことも考えられるのです。

見た目や美容面での影響

すきっ歯が原因で歯と歯の間に隙間があると、笑った時や口をあけたときに歯の隙間が見えてしまいます。その状態は審美的にあまりいい状態とは言えず、コンプレックスに思っている人も多いのではないでしょうか。健康的な面だけではなく美容面においても、すきっ歯を治すことのメリットは多くあります。笑顔が美しくなる、発音が綺麗になるという改善点からコンプレックスを解消し、見た目だけではなく気持ちも明るくなることが期待できるのです。

すきっ歯を改善するためのさまざまな施術法について

ブラケット矯正

金属製のブラケットやワイヤーなどを用いた、一般的な矯正方法です。装置で歯に力をかけて動かしていくことで、歯並びを矯正します。噛み合わせに問題のないすきっ歯であれば、部分矯正でも改善が可能です。

裏側矯正

一般的な矯正と同様にブラケットやワイヤーを使用しますが、それを歯の表側ではなく裏側から強制する治療法です。普通の矯正よりも時間や費用がかかることがデメリットですが、表側から装置が見えないため、矯正していることが周りからわかりにくいというところが最大の利点と言えます。

マウスピース矯正

最近の治療法でも人気のマウスピース矯正は、歯に透明な素材でできたマウスピースをはめて歯を動かす矯正方法です。裏側矯正と同じく治療費はかかりますが、こちらも矯正していることが目立たないということがメリットです。

その他の治療法

そのほかにも、歯と歯の隙間に「コンポレットレジン」というプラスチック製の素材を用いてスペースを埋める「ダイレクトボンディング法」、少し歯を削って人工の歯を貼ることですきまを埋める「ラミネートベニア法」、歯の隙間をかぶせものなどで改善する「クラウン」などの治療法があります。

まとめ

すきっ歯は虫歯や口臭の原因だけではなく、体全体への健康や審美的な面でも影響を及ぼします。セルフケアでの限界を感じたり、すきっ歯が原因の体の不調を感じたりしたら、デンタルクリニックでの矯正や治療を検討してみるのがいいかもしれません。