大人のための目立たない矯正のすべて/【悩み別】すきっ歯になる原因とは/すきっ歯が原因で起こるトラブル【唾が飛ぶ・量が多く感じる】

すきっ歯が原因で起こるトラブル【唾が飛ぶ・量が多く感じる】

話すときに唾を飛ばしてしまう原因は、すきっ歯かも

話すときに唾が飛んでしまうという悩み

「わざとではないのに話すときに唾が飛んでしまう」というお悩みを抱えている人は、意外と多いものです。会話中に唾を飛ばしてしまい、自分で気づいただけならまだしも、それを人から指摘されるととても恥ずかしいですよね。話すときに唾を飛ばしてしまうという人の中には、美容師さんや営業職など、お客さんと近い距離で話す仕事で悩んでいるという事案も多いようです。気をつけていても、どうしても唾が飛んでしまう…そんな方は、もしかしたら歯並びに原因があるかもしれません。

すきっ歯の人は唾が飛んでしまいやすい

話すときに唾を飛ばしてしまう原因のうちのひとつに、「歯と歯の間に隙間があいていること」が挙げられます。空隙歯列(くうげきしれつ)、いわゆる“すきっ歯”という状態のため、歯の隙間から唾液が飛んでしまいやすくなるのです。歯と歯の間の隙間なんてとても小さなスペースであるイメージですが、意外とその間からも唾液が飛んでしまいます。特に唾を飛ばしそうな話し方をしていないのに飛んでしまう場合は、すきっ歯が原因であることを疑ったほうがいいかもしれません。

すきっ歯以外の歯並びにも原因がある

唾が飛んでしまいやすい歯列異常は、すきっ歯だけではありません。前歯の噛み合わせが悪かったり、いわゆる“出っ歯”という状態になっていたりしても、話すときに唾液が飛びやすくなります。また、他の歯並びの異常がすきっ歯と合わさって、唾が飛んでいることも考えられます。唾が飛んでしまうというお悩みを持っている方で、自分の歯並びに対して不安がある場合は、矯正歯科を担当しているデンタルクリニックに相談してみてはいかがでしょうか。

すきっ歯以外にも、口内の唾液量が関係していることも

話している時に唾液が飛びやすい原因は、唾液の量が関係している可能性があります。唾液の量に加えて歯並びに悪いところがあると、余計に唾が飛びやすい状態です。そもそも唾液というものは、人間にとって必要不可欠なもの。唾液中に含まれる酵素はでんぷんを消化して吸収を助ける作用があり、唾液自体が口の中を消毒して清潔に保ったり虫歯を予防したりする役割などもあるため、体にはとても大切な存在です。その唾液が必要以上に分泌されてしまう場合は、次のような理由が考えられます。

消化器に問題がある

生活習慣の乱れなどで体の消化・吸収の能力が低下していると、それをフォローするために唾液の分泌量が増えることがあります。「以前はそこまで唾液量が多くなかったのに急に増えた」という場合は、消化器系統に何らかの理由で能力低下が起こっているかもしれません。

虫歯などの口内トラブルがある

虫歯ができているなどお口の中にトラブルが起こっていると、口内を清潔に保つため唾液量が増えると言われています。体が唾液の持つ自浄作用や殺菌作用を働かせようとしている結果です。

食べ物を飲み込む機能が低下している

食べ物や飲み物を飲み込む嚥下(えんげ)機能が低下しているときも、唾液量が増えてしまうことがあります。唾液は本来無意識に飲み込んでいるものですが、それをうまく嚥下できないことによって、結果的に口内の唾液量が増えてしまうのです。嚥下機能の低下は、ストレスがあるときや不安が大きいときなど、精神的な面が原因になるときがあります。

自律神経に乱れが生じている

唾液の分泌量をコントロールしているのは、自律神経です。何らかの理由により自律神経が乱れてしまうと、唾液の分泌量が安定しなくなる時があります。

すきっ歯以外にもある!話すときに唾が飛んでしまう原因

唾液が飛んでしまう理由は、口の周りの筋肉にも原因があるかもしれません。

口輪筋が未発達な状態

口輪筋とは、簡単に言うと口の周りにある筋肉で、表情を作る役割を持っています。この部分の筋力が弱いと、口元が緩んで口が開きやすくなるなど、「鼻呼吸」ではなく「口呼吸」になってしまう原因になります。口呼吸になると口内が乾きやすく、「ドライマウス」という状態になります。ドライマウスは歯肉の膨張や口臭などにつながり、また歯並びにも影響を及ぼします。口周りは、舌による内側からの圧力と、口輪筋などの外側からの圧力でバランスを取っていますが、そのバランスが崩れると上顎前突(出っ歯)などになりやすくなるのです。

舌の筋肉が未発達な状態

舌の筋肉の働きが低い場合、あごの成長不足につながります。その結果、叢生(乱ぐい歯)など、歯並びが悪くなる要因になります。

すきっ歯や歯並びを矯正する効果は?

生活習慣などの変化によって一時的に唾液の量が増えることもありますが、歯並びに問題がある場合、それが「唾が飛びやすくなる」原因になることが考えられます。すきっ歯や出っ歯の歯並びを改善することで、唾液を飛びにくくする効果が期待できます。また、歯並びに問題があると、口を開くことに抵抗があってつい早口になってしまいがちです。落ち着いた話し方も唾を飛びにくくするためには大切なので、審美的に歯並びがよくなった場合、話し方にも変化が出てくるかもしれません。

まとめ

人と話しているときに唾が飛んでしまうのは、恥ずかしい思いをするだけではなく、職業によっては仕事に影響してしまうこともあります。一時的な唾液量の増加など生活習慣の乱れが関係している時もありますが、もし歯並びが原因なのであれば、矯正治療を取り扱っているクリニックで相談してみることをおすすめします。