大人のための目立たない矯正のすべて/お悩み別・マウスピース矯正のポイント

お悩み別・マウスピース矯正のポイント

マウスピース矯正が対応できる歯や口元の症例を紹介します。それぞれの症例ごとに、詳しい原因や具体的な治療事例などをまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

八重歯

八重歯は、歯がデコボコしたり重なり合って生えたりする「乱杭歯(叢生)の」一種であり、専門的には「上顎犬歯の低位唇側転移」と呼ばれています。
八重歯には、歯磨きのしにくさによる虫歯・歯周病のリスク、口臭など、様々なデメリットもあります。また、八重歯の程度によっては見た目の印象が悪くなってしまう可能性もあります。

八重歯の状態によってはインビザラインでの治療も可能です。

マウスピース矯正の対応症例
八重歯を見る

出っ歯

出っ歯と言われている症状は、正確には「上顎前突症」と言います。前歯や上顎が前方に突出しているのが特徴です。噛み合わせの悪さや口の閉じにくさ、といったデメリットがありますが、やはり見た目を気にされて治療を行う方が多くいらっしゃいます。出っ歯の状態よっては、マウスピース矯正(インビザライン)も可能です。

マウスピース矯正の対応症例
出っ歯を見る

受け口

受け口の原因としましては、歯や骨格の問題などに分けられます。歯が原因の場合はマウスピースを用いた矯正で治療が可能なケースもありますが、顎の骨格が原因の場合では外科手術などが必要になるケースもあります。

マウスピース矯正の対応症例
受け口を見る

すきっ歯

すきっ歯の場合、歯と歯の間に隙間に食べカスが入りやすく、虫歯や歯周病といった歯科疾患に繋がるリスクが高くなります。また、前歯に隙間がある場合、発音時に空気が漏れてしまったり、見た目の印象を気にしてコンプレックスを抱えてしまう方も少なくありません。すきっ歯もマウスピース矯正(インビザライン)で治療できる症例の1つです。

マウスピース矯正の対応症例
すきっ歯を見る

乱杭歯(叢生)

歯並びがデコボコ・ガタガタした状態を、「乱杭歯(叢生)」と言います。一般的に歯並びが悪いという状態がこの乱杭歯です。
乱杭歯は、歯がデコボコして重なり合う箇所が多く、歯ブラシで綺麗に磨くのが難しい状態になっています。磨き残された食べカスは、虫歯・歯周病・口臭の原因になりますので、治療して歯並びを改善することが望まれます。
軽度の乱杭歯であれば、抜歯せずにマウスピース矯正(インビザライン)で簡単に治療が可能です。また、でこぼこがひどく、抜歯が必要な場合でもインビザラインで多くのケースで治療が可能です。さらに上顎のみ、下顎のみ、といった矯正も可能なので、比較的リーズナブルに治療できるケースもあります。

マウスピース矯正の対応症例
乱杭歯(叢生)を見る

歯茎が見える(ガミースマイル)

笑った時に歯茎が通常よりも大きく見えてしまうガミースマイルは、特にその見た目を気にしてコンプレックスになる方が多くいらっしゃいます。
ガミースマイルの原因として、歯や歯並びが原因の場合であれば、歯科医療で治療が可能です。比較的軽度の方であれば、矯正治療で改善できるケースもありますが、骨格的な要素が強い場合は外科処置が必要となります。

マウスピース矯正の対応症例
ガミースマイルを見る

噛み合わせが悪い

噛み合わせが悪い状態には、上下の前歯の中心がズレている、歯並びがガタガタ・デコボコしている、出っ歯もしくは受け口になっている、上下の歯が噛み合っていない箇所がある、といったケースがあります。

マウスピース矯正の対応症例
噛み合わせが悪い場合を見る